【未経験者向け】Webライターになるための簡単3ステップ – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
【未経験者向け】Webライターになるための簡単3ステップ

「未経験者でもWebライターで月収40万円」。

このような実績をもつ人もいるように、ライティングは初心者から始められる仕事の1つです。

 

副業で挑戦する方はもちろん、フリーランスWebライターとして独立を目指している方も少なくありません。

 

とはいえ、実際に仕事をするにあたり「何から始めれば良いか分からない」と悩む声も多いですよね。

 

そこで今回は「Webライターになるための簡単3ステップ」をご紹介します。未経験の状態から始めて独立に成功した、私の実体験をベースにまとめました。

 

5分程度で読めるうえに、すぐに実践できる内容ばかりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

実証済み!未経験者がWebライターになるための簡単3ステップ

未経験者がWebライターになるためには、次の3つのステップを実践してみましょう。

 

  • ステップ1.クラウドソーシングで仕事を受注しよう
  • ステップ2.足りないスキルを身につけよう
  • ステップ3.影響力を身につけよう

 

それぞれの内容について、分かりやすく説明しますね。

ステップ1.クラウドソーシングで仕事を受注しよう

未経験者からWebライターになるために、最も簡単な方法は「クラウドソーシング」で仕事をうけることです。

 

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事を受注できるサービス。発注者とWebライターを、インターネットを通してマッチングさせます。

 

多くの案件が公開され、誰でも自由に仕事に応募できるのが特徴です。クラウドソーシングで仕事を実際に行えば、Webライターとしてデビューしたといっても過言ではありません。

 

はじめから仕事を受注するメリットは、実践的に学べること。Webライティングの業務の全体像をつかめるうえに、文章を書く楽しさと難しさを実感できます。

 

同時にWebライターの仕事に向いているか確かめるチャンスです。文章を書くことに抵抗がなく、仕事内容に魅力を感じたら積極的に実践すると良いでしょう。

クラウドソーシングの流れは「提案」「受注」「納品」の3ステップ

クラウドソーシングで仕事は次の3つの項目にわかれています。

 

  • 提案
  • 受注
  • 納品

 

クラウドソーシングで仕事をうける際は、まずクライアントに「提案」します。自分に発注してもらえるようにアピールするステップです。

 

同じ案件でも応募者は自分だけではありません。場合によっては10人以上のWebライターが申し込むケースもあります。他のユーザーに負けないように自己PRを送るのがポイントですね。

アピール内容が伝わりクライアントから依頼がきたら「受注」となり、仕事が確定します。発注者に具体的な依頼内容をチェックし、問題なければ執筆を開始する流れです。

 

記事を作成したらクライアントに「納品」し、仕事が完了します。以上の業務をすべてオンライン上で行うのが、クラウドソーシングの特徴です。

クラウドソーシングはランサーズかクラウドワークスがおすすめ

クラウドソーシングの種類は1つではありません。サービスによって公開される仕事の内容や量もさまざまです。

 

未経験者がWebライターを目指すなら、ランサーズクラウドワークスを選べば間違いないでしょう。

 

どちらも大手のクラウドソーシングで、知名度や人気が高いサイトです。サービス内容にも大きな違いはありません。

 

Webライティングの仕事が多く募集されています。実際に利用してみて、使いやすいサイトを選ぶのがおすすめです。

 

もし短期間で集中的に稼ぎたいなら、2つのサービスのどちらも利用するのも良いでしょう。応募できる案件の幅が広がり、受注確率のアップが期待できます。

 

焦らず挑戦したい方は片方のサービスだけ利用し、慣れてきたら2つとも使うのも1つの手ですよ。

未経験者は1文字1円以上の案件を選ぶのがおすすめ

未経験者がWebライターとして稼ぐコツは「1文字1円以上」の仕事だけ応募することです。単価の低い案件をうけていると、月1,000円~5,000円程度しか稼げないケースも少なくありません。

 

1文字1円の仕事であれば、3,000字書けば3,000円手に入ります。3時間で書けば時給1,000円の計算です。

 

好きな場所で好きなときに、アルバイトと同じ程度の収入がはいります。スキマ時間をつかって副収入を得たい人には、ぴったりな仕事といえるでしょう。

 

執筆スピードが速くなれば、収入もあがります。3,000文字の文章も2時間で書ければ時給1,500円ですからね。案件の単価自体も交渉次第で上げられます。

 

最終的に1文字2円~3円のお仕事を受注し、月に30万円以上売り上げるのも夢ではありません。

ステップ2.足りないスキルを身につける

クラウドソーシングの仕事に慣れてきたら、自分に足りないスキルを身につけましょう。会う程度文章を書く経験をすると、自分なりの課題が見つかるはずです。

 

クライアントからアドバイスを受ける場合もあるかもしれません。Webライターとして成長するために必要な知識を身につければ、さらに仕事の質はあがります。

 

できる内容が増え、業務の幅も広がるはずです。新しいスキルが身につけば、案件の単価アップも期待できます。実践と勉強を繰り返し、コツコツと努力するのが成功への近道ですよ。

Webライターに必要なスキルは「文章力」と「SEO対策」

何を学べばいいか分からない方は「文章力」「SEO対策」を勉強するのがおすすめです。2つのスキルを身につけるだけでも、記事の質は驚くほど上がります。

 

文章力は読者が読みやすい文章を書くテクニック。語尾や表記を変えるだけでも読み手に与える印象は大きく変わります。

 

難しい用語や漢字ばかり使った文章は、見ているだけでも疲れてしまいますよね。最後まで読んでもらえない可能性があります。言い方1つで記事のクオリティは劇的に変わります。

 

文章力と並んで大切なのが「SEO対策」に関する知識。キーワードを検索した際に、記事を上位に表示させるテクニックです。

 

検索上位にコンテンツが公開されれば、必然的にアクセス数はアップします。メディアに集客したいクライアントにとっては最も重要な施策といっても過言ではありません。

 

だからこそSEO対策ができるWebライターは重宝されるケースが多いです。案件の内容も難しくなりますが、高単価のお仕事につながる可能性もあります。Webライターとして稼ぎたい人は、身につけて損のないスキルです。

 

文章力やSEO対策は読書でも十分に情報を得られます。仕事に慣れたら購入してみると良いでしょう。

Webライターで稼ぐなら「営業力」も必要不可欠

未経験者がWebライターとして収益をあげるなら「営業力」も欠かせません。はじめのうちは案件が集まらないからです。

 

自分の手で仕事を探す必要があります。依頼がなければ収入もあがりませんからね。初心者のうちから稼ぎたい人は、積極的に提案しましょう。

 

クラウドソーシングには、数えきれないほど多くの仕事が募集されています。実績がない間は「量」を重視して、ひたすら応募するのが大切です。すべての提案が通るわけはありません。

 

提案が通らなくてもへこまず、前向きに考えましょう。経験をつめばクライアントの心に響く提案文を書くコツをつかみ、受注率もあがるケースも少なくありません。

 

仕事を受注し実績が増えれば、営業せずとも依頼が届く場合も多いですよ。未経験者の方は積極的に営業をかけましょう。

Webライターになるのに「資格はいらない」って本当?

Webライターになるためには必要な資格はありません。クラウドソーシングなどのサービスを活用すれば、誰でも仕事をうけられます。

 

短期間で成果をあげたい場合は、実際に案件を受注するのがおすすめです。勉強もかねて資格がほしい人は次の3つをおすすめします。

 

  • Webライティング技能検定
  • Webライティング能力検定
  • 日本語検定一級

 

「Webライティング技能検定」は一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が提供する資格です。合格すると「Webライティング実務士」の資格が取得できるだけでなく、案件を紹介してもらえる特典もあります。

 

企業の研修でも取り入れられているのが「Webライティング能力検定」。文章の書き方だけでなく、著作権や薬機法といった専門的な知識も得られるのが特徴です。

 

正しい文章表現を身につけたい人は「日本語検定一級」を取得するのも良いでしょう。正しい言葉の使い方や表記方法について学べます。

ステップ3.影響力を身につける

実際に仕事をしてスキルが身につければ、Webライターとしての実績がついています。未経験者の頃に比べて、大きな成長を感じるはずです。

 

業務に慣れてきたら「影響力」をつけましょう。自分自身の知名度があがれば、営業せずとも仕事の依頼がくる可能性があるためです。

 

クラウドソーシングを活用して、大量に提案する必要もありません。自分で仕事を選べる状態なり、仕事にも余裕が生まれますよ。

Webライターにとって「SNS」は最強の武器になる

Webライターが影響力をつけるなら「SNS」は積極的に活用すると良いでしょう。上手に活用すれば最強の武器になります。仕事の窓口としての役割が期待できるからです。

 

日常的に発信していれば、投稿を見たクライアントから依頼がくる可能性も十分あります。自分をよく知っている人と仕事ができるため、スムーズなコミュニケーションも期待できますよ。

 

SNSのなかでも最もおすすめなのが「Twitter」。拡散力に優れていて、影響力をつけやすいのが魅力です。Webライティングについての情報を届け、10,000人以上のフォロワーを抱える人もいます。

 

限られた文字数のなかで投稿内容を考える必要があるため、Webライティングの練習にもなりますよ。

 

より自分を世間に発信したい人は「ブログ運営」に挑戦するのも1つの手です。Twitterとちがって文字制限がなく、投稿内容の自由度も広がります。

 

書いた記事はポートフォリオとしても活用でき、営業活動に役立つことでしょう。

【番外編】未経験からWebライターになる3つの方法

未経験者におすすめのWebライターのなり方はクラウドソーシングを活用しつつ、スキルを身につけ発信すること。とはいえ他にも、Webライティングを仕事にする方法はあります。具体的には次の3つが挙げられるでしょう。

 

  • 「未経験募集」の求人に応募する
  • 短期集中型の講座を受講する
  • 知り合いから仕事をもらう

 

それぞれご説明しますね。

「未経験募集」の求人に応募する

Webライターを目指すなら企業に就職するのも1つの手です。未経験者を歓迎している求人も少なくありません。

 

安定した給料を得ながらスキルアップを目指したい人に向いています。実際に次のようなお仕事も募集されていました。

 

月給:25万円~35万円
勤務時間:10時~19時(実働8時間)
仕事内容:編集/ライター
応募資格:未経験者歓迎、第二新卒歓迎

 

企業によっては勤務日数や勤務時間が調整できる会社もあります。選考に勝ち抜く必要はありますが、安心してWebライターにはなりたい方はチェックしてみるのも良いでしょう。

 

具体的には次のようなサイトで求人を探せます。

短期集中型の講座を受講する

短期集中型の講座を受けるのも、未経験からWebライターになるには有効です。プロの講師にゼロから教われるケースも珍しくありません。

 

自分1人で挑戦するのが不安な方にはぴったりな方法です。短期集中型の講座を選ぶメリットは、集中してスキルを身につけられること。

 

半年~1年程度かかる通信講座の場合は、途中で挫折してしまう恐れもあります。講師のレッスンも受けられない場合もありますからね。

どの講座を受ければ良いか分からない方は「田舎フリーランス養成講座」がおすすめです。1ヵ月間の合宿型プログラムで多数のフリーランスWebライターを輩出しています。

 

期間中に実際に仕事を受注できるので「稼ぐ」経験ができるのも特徴です。気になる方は一度チェックしてみると良いでしょう。

知り合いから仕事をもらう

知らない人から仕事を受注するのが不安な方は、知り合いから仕事をもらうのも良いでしょう。人手が足りなければ、案件がもらえる可能性があります。

 

友人から発注してもらえれば、コミュニケーションに緊張することもありません。FacebookやTwitterで募集をかけてみると、相談をくれるケースも多いですよ。

 

お試し感覚でWebライターの仕事を体験したい人にはおすすめです。

仕事をうけるのが一番の近道!実践を繰り返してWebライターになろう

未経験者がWebライターになるには「実際に仕事をうける」のが一番の近道。実践的な経験を積めば、スキルも自然と身につきます。

 

案件を探すのにおすすめの方法は、クラウドソーシングを活用することです。未経験者でも書ける依頼も少なくありません。業務に慣れてきたらWebライティングに関する知識を身につけましょう。

 

「文章力」「SEO対策」の知識を習得するだけでも記事の質は上がりますからね。ある程度実績がついたら、SNSやブログを活用して発信するのがおすすめです。

 

影響力をつければ営業せずとも依頼がくるケースもありますよ。未経験者でWebライターを目指している方は、ぜひこの記事を参考に実践してみてください!