2017/07/21

未経験でもフリーランスライターになれるのか?

writer image

「フリーランスライター」というと、知らない方からは難しい仕事のように映るかもしれません。しかし特別なスキルがなくとも始められるため、未経験からスタートしてしっかりと稼いでいる方も多くいます。

そんなフリーランスライターのなり方や仕事内容、どうすれば成長できるかなどについて書かせていただきました。ライターになりたいけれど迷っている方などは、ぜひ参考にしてください。

未経験でもフリーランスライターになれる

未経験でもフリーランスライターになることはできます。なぜなら、私が未経験からフリーランスライターになって生計を立てているからです。

私も理系の大学の出身で、文章を書くための勉強や訓練をまったくしたことがない人間でした。読書量もそれほど多くなく、お世辞にも日本語に強いとは言いがたかったです。
しかしフリーランスの第一歩として「ライター」を始めることとなり、必死に書き続けたら初月で10万円分以上の仕事を受注して、納品するところまで達成できました。現在もだんだんと仕事の単価をあげつつ、着実にライターとしてのスキルを積み重ねています。

確かに楽ではないかもしれませんが、ライターはむしろフリーランスの仕事としては取りかかりやすい部類です。収入に反映されやすいのであまり元手がなくとも始められ、仕事をするなかでスキルを高めることもできます。決して未経験ではハードルの高い仕事ではありません。

フリーランスライターになる方法とは?

ライターとして仕事を得るためには専門的なスキルや営業力がないと難しいと思うかもしれませんが、今はクラウドソーシングという方法があります。これはインターネット上で仕事の受注者と発注者をつなげる仕組みで、代表的なサイトとして「ランサーズ」、「クラウドワークス」、「シュフティ」などがあります。扱われる仕事の内容は様々ですが、「ライター」としての仕事も数多くあります。登録も無料で審査があるわけではないので、誰でも参入できます。未経験でも可の仕事案件も少なくありません。

もちろん最初は実績がないため、あまり単価の良い仕事は取れないかもしれません。文章を書くのに時間がかかったり、仲介手数料をとられてしまうこともあるので思うように稼げないこともあります。しかし段々とスキルが身につき、実績もついてくれば高単価の案件もこなせるようになります。

仕事としてライターをするのは難しく、知識がいるように思われがちですが、本やネットで調べながらでも十分に良い記事をかけます。いざ始めてみればなんとかなるので、始める前の抵抗感が一番の壁かもしれません。

フリーランスライターとして生きていくためには

前述の通り今はクラウドソーシングがあるために、最低限生活するくらいの収入を得ること自体は難しくありません。しかしそのように誰でも受注できるような仕事が多いために単価がそれほど高くならないという欠点もあります。ライターとしてしっかり稼ぐのであればただやり続けるのでなく、スキルを磨いていく必要があります。

ライターのスキルは様々ですが、誤字や脱字などのミスをせずわかりやすい文章を書くことを心がけることはもちろん、きっちりとクライアントも意図を読み取ることが大切です。
どのメディアに使われて、誰をターゲットにした文章なのか?この文章を上げることでどんな目的を果たそうとしているのか?なども意識しながら執筆します。クライアントから指示があることも多いですが、そこまで汲んで質の高い文章を書けると評価も高くなります。
高い評価を受けると単価をあげてもらえたり、次の仕事を紹介してもらえたりとメリットも大きいです。またWebサイトに投稿されることも多いため、SEOを意識した検索の上位をとれる文章をかけるとさらに重宝されます。

またクラウドソーシングで経験を積んで自信がついたら、出版社やWebメディアなどに寄稿して直接仕事をとるという手段もあります。ライターを募集しているところは意外に多いです。
確かに専門性も高く難しいですが、クラウドソーシングよりも単価は非常に高くなります。自分の専門分野や得意なこと、実績などをアピールしつつ提案すれば専業フリーランスライターの道も見えてきます。

スキルを学ぶ場所があると成長がはやい

フリーランスライターは始めるのは簡単で、独学で稼いでいる主婦のような方も多くいらっしゃいます。しかし最初はかってがわからず、不安を感じるかもしれません。とくにクラウドソーシングの仕組みや受注の手続きなどは、人から教わらないと理解しづらいところもあると思います。

そのため勉強できる場所に身を置くなど、環境を選ぶことは大切です。実際に結果を出している人と一緒にいることで、自分もやれるという気になれます。私自身もライターというもののイメージが全くわかないところから、1ヶ月で成果を出せたのは、環境のおかげだったと思います。田舎フリーランス養成講座などは費用も安く、しっかりと勉強できるのでオススメです。

まとめ

未経験の人でも始められる「フリーランスライター」という仕事について説明しました。
難しい仕事のようにも見えますが実際に始めるのは簡単で、しっかりと取り組めば短期間で成果を出せます。

もちろん長く続けて稼ぐにはスキルや努力も必要ですが、仕事と並行して勉強することもでき、身についた文章力は様々な場面で役に立ちます。興味がある方はぜひクラウドソーシングなどについて詳しく調べてみてください。


山田穂高

カウンセリングをしながらお客さんに合ったハーブを提供するお店「さなぎハーブ」を運営しています。ライターとしても活動中。禅を中心とした心のことも勉強しています。 田舎フリーランス養成講座第9期生