フリーランスWebライター徹底解剖!なり方から収入まで大公開 – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
フリーランスWebライター徹底解剖!なり方から収入まで大公開

「好きな場所で好きな時間に働きたい」このように考え、フリーランスのWebライターを目指す人も少なくありません。

 

未経験でも始めやすい仕事内容に魅力を感じる方も多いです。とはいえ独立するためのビジョンがはっきりしていない人もいますよね。周りにフリーランスがいないと相談相手もおらず苦労するはずです。

 

そこで今回は実際に未経験からはじめ独立した私が、フリーランスWebライターのなり方を徹底解説します。

 

年収アップの方法まで、リアルな情報もまとめました。独立を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスWebライターになるための具体的な3つのプロセス

フリーランスのWebライターになりたい方は、次の3つのプロセスにしたがって実践してみてください。実際に私が未経験の状態からスタートし、独立するまでに行った内容です。

 

  1. クラウドソーシングに登録して仕事を受注しよう
  2. Webライターの知識やノウハウをインプットしよう
  3.  収入の分散が大切!積極的に営業活動を行おう

 

それぞれのステップについて、分かりやすく説明しますね。はじめてWebライティングに挑戦する方もぜひ参考にしてみてください。

1.クラウドソーシングに登録して仕事を受注しよう

まずはクラウドソーシングで仕事を実際にうけてみましょう。オンライン上で案件を受注できるサービスです。

 

クライアントのWebライターをマッチングさせ、取引を成立させます。サイトに多くの仕事が公開されており、ユーザーが応募できる仕組みです。

 

フリーランスを目指す方にクラウドソーシングをおすすめする理由は「未経験でも仕事をうけられる」から。

 

特別なスキルや経験がなくても受注するのは難しくありません。インターネット上の情報をまとめ、文章にする力があれば大丈夫です。

 

実際に私も実績がない状態からスタートしました。Webライティングの仕事を体験し、ポートフォリオを作りたい人にはぴったりなサービスですよ。

 

クラウドソーシングサービスを活用して、生活費を稼ぐ人も多いですからね。フリーランスWebライターを検討している方は、まずはサイトに登録してみるのが良いでしょう。

フリーランスWebライターにはランサーズとクラウドワークスがおすすめ

フリーランスWebライターを目指す人におすすめのクラウドソーシングサイトは次の2つです。

 

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

 

どちらも大手のクラウドソーシングサービスで、多くのユーザーが利用しています。2つのサイトに大きな違いはありません。

 

サービス内容も使い方も基本的には同じです。Webライティングの仕事が公開され、誰でも自由に応募できます。実際に活用してみて使いやすいサービスを選ぶとよいでしょう。

 

短期間で集中的に稼ぎたい人は両方とも使うのも1つの手です。受注できる可能性のある仕事の幅が広がります。

 

登録しているクライアントも違い、案件の内容も異なりますからね。どちらも利用料は無料なので、気軽に登録してみるのも良いですよ。

2.Webライターの知識やノウハウをインプットしよう

Webライターの仕事を体験しある程度の実績が詰めたら、スキルアップにのぞみましょう。実践的な知識やノウハウを学ぶステップです。勉強しておくと良い内容は次の3つです。

 

  • 正しい日本語表現
  • わかりやすい文章の書き方
  • SEO対策

 

Webライターは「日本語表現の正しい知識」を身につける必要があります。間違った言い回しをすれば、誤った情報を読者に届けてしまう恐れがあるからです。漢字の表記1つで文章の意味は変わりますからね。

 

一緒に「文章の書き方」も勉強するのもおすすめです。言葉選びや語尾を意識するだけで、記事の読みやすさは劇的に変わります。読者にストレスなく読みすすめてもらうためには必須のスキルといえるでしょう。

 

SEO対策の知識もWebライターは身につけて損はありません。検索結果の上位に記事を表示させるテクニックです。

 

検索上位を獲得すれば多くの読者も集まります。SEO対策を学べばメディアへの集客を目的とするクライアントから、高い評価をもらえるはずです。

専門性を高めるのが単価アップの近道

自分の得意分野をもつのもフリーランスWebライターには大切です。専門的な内容の事は高単価な案件が多くあります。「自分にしか書けないコンテンツ」を生み出せれば、クライアントからの期待も高まりますよ。

 

得意ジャンルはどの分野でも問題ありません。趣味や特技など他の人よりも知識が豊富な内容を選ぶのがおすすめです。勉強せずともスキルが身についていますからね。

 

会社員であれば本業の分野を専門とするのも1つの手です。実際の現場で得た情報や経験は他のWebライターには真似できません。

 

自分だからこそ提供できる記事を書ければ、発注者からも依頼も増えることでしょう。

3.収入の分散が大切!積極的に営業活動を行おう

実際に稼げてスキルも身につけたら、営業活動に注力しましょう。フリーランスは自分で仕事をとらなければ、報酬がもらえません。

 

収入を安定させるためには、自分を売り込むのが大切です。何も努力しなければ単価は変わらないだけでなく、収益も下がる恐れもあります。

 

おすすめの方法は安定して仕事がもらえるクライアントを複数社抱えておくこと。1社との取引がなくなっても、生活に苦労する心配がありません。

 

1つの企業からの収入だけで暮らすと、依頼がなくなった時点で収益が大幅に下がります。収入源を分散させるのが、フリーランスWebライターとして生き残る秘訣です。

単価交渉して報酬をあげよう

報酬をあげるテクニックの1つは「単価交渉」です。報酬金額をあげてもらえるように、クライアントに相談します。案件によっては1文字1円の仕事が、1文字2円に引きあがるケースも珍しくありません。

 

単価交渉するときのコツは「クライアントの負担を減らす」こと。編集者の手間を省く工夫をするだけで、単価は上がる可能性がありますよ。

 

受注本数を増やせばライターを管理する労力がなくなります。WordPressで納品したら入稿の時間が削減されますよね。単価交渉をする際は、発注者の目線に立って提案しましょう。

メディアに直接営業をしてみよう

Webライターの実績が詰めたら、メディアに直接営業するのも有効的な手段です。クラウドソーシングより高単価で発注がもらえる可能性があります。

 

似た条件の仕事でも、単価が倍ほど変わるケースも珍しくありません。報酬をあげたいなら交渉してみるのも良いでしょう。

 

メディアによってはライターの募集ページを公開している場合もあります。要項を確認し問題なければ応募してみるのもおすすめです。

 

自分の好きなサイトがライターを募集しているかもしれませんよ。自由に仕事が選べるのもフリーランスWebライターの魅力の1つといえます。

【限定公開】フリーランスWebライターの月収をこっそり紹介

フリーランスWebライターを目指すにあたり、不安になるのは「収入」ですよね。仕事を自分でとる必要があり、安定した生活が送れるか心配になる人も多いでしょう。

 

私がWebライターをはじめて1ヵ月目の収入は約15万円でした。実績をつくるために多くの案件をクラウドソーシングで受注していた時期です。

 

全くの未経験者でもコツコツと努力を積み重ねれば、1ヵ月目で10万円以上稼ぐのも夢ではありません。

 

2ヵ月後の収入は約23万円程度。継続的に依頼がもらえるクライアントも多く、収入が少しずつ安定しはじめました。Webライターの仕事にも少しずつ慣れ、実績も増えてきます。

 

自分のポートフォリオをもとにクラウドソーシングで営業をかけた結果、3ヵ月目に約39万円を稼げました。稼げる金額には個人差がありますが、目安としてぜひ参考にしてみてください。

上流工程の仕事に挑戦するのが年収アップの秘訣

Webライターが手早く年収をあげる方法は「上流工程の仕事」をうけること。編集者やWebディレクターなどが挙げられます。

 

編集者はライターの管理や文章の校閲が主な業務です。記事の企画から担当するケースも少なくありません。

 

Webディレクターはメディア全体を運用する仕事です。コンテンツの方針やキーワードの選定を行い、サイト運営の指揮をとります。

 

ライター、編集者、Webディレクターの順に単価が高くなり収入を増える場合が多いですね。年収を増やしたいWebライターは、少しずつ上流工程の仕事にも挑戦してみるのも1つの手ですよ。

情報発信も収益をアップさせるカギになる!

Webライターで得たノウハウや経験を発信すると、収益のアップも期待できます。影響力が強くなれば、仕事の依頼が増える可能性が高いからです。

 

自分で営業せずとも仕事がもらえる状態を築くのも難しくありません。本格的に発信活動をしたい人はSNSを活用するのがおすすめです。

 

なかでもTwitterは投稿が拡散されやすく、フォロワーが増えれば多くの人の目にとまります。「Webライター」としての知名度があがれば、自然と仕事の依頼も増えるでしょう

 

本格的に影響力をつけたい人はブログ運営に挑戦するのも1つの手です。記事が自分のポートフォリオになりますからね。

 

クライアントも実力が判断しやすく、安心して依頼ができます。アクセス数がアップし読者が増えれば、広告収入を得られる可能性もゼロではありません。

 

収益が安定しづらいフリーランスにとっては、貴重な収入源の1つとして期待できます。

フリーランスWebライターの実態調査!メリットとデメリットは?

Webライターはクラウドソーシングを活用し、スキルを身につければフリーランスとして活動するのも夢ではありません。

 

積極的に営業活動を行い、上流工程の仕事ができれば収入もアップも期待できます。とはいえ、本当に独立するか悩む方も多いですよね。

 

そこでこの項目では、フリーランスWebライターのメリットとデメリットを実体験に基づきご説明します。独立を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスWebライターは「好きな時間に好きな場所で」働ける

フリーランスWebライターは「自由に働ける」のが最大のメリットです。好きな時間に好きな場所で作業ができます。

 

自宅はもちろん、カフェや移動中に仕事をするのも難しくありません。オフィスに出社する必要がなく、効率よく時間が使えますよ。

 

ライフスタイルを重視した働き方をしたい人にはぴったりな仕事ですね。

「納税額の高さ」と「確定申告の手間」がフリーランスの難点

納税額の高さに驚くフリーランスも多いです。なかでも経済的な負担となるのが「住民税」。会社員として働いていた方は、高額の納税を求められる可能性があります。

 

前年の所得に応じて支払い金額が決まりますからね。確定申告の手間がかかるのも、フリーランスの難点とります。

 

会社員とちがい自分で税額を計算し、納めなければなりません。領収書を保存して経費金額を数える必要があり、面倒に感じる人も多いです。

手早くフリーランスWebライターになるなら講座がおすすめ

 

手早くフリーランスのWebライターになりたい人は、講座を受講するのがおすすめです。プロから体系的に学べ、スピーディーに成長できる可能性があります。実際に稼ぐWebライターからアドバイスをもらえば、効率よく収入をあげるのも難しくありません。

 

フリーランスWebライターを目指す人が講座を選ぶときのコツは「実践的な内容を学べるか」で判断すること。座学も大切ですが実際に行動しなければ、稼ぐのは難しいです。学びながら仕事を受けられるプログラムがベスト。

 

その点、株式会社Ponnufが主催する「田舎フリーランス養成講座」は、独立を検討する方にはぴったりです。1ヵ月間の合宿型プログラムで、知識を得ながら案件を受注できます。

 

Webライティングの仕事に初めて挑戦し、期間中に10万円以上稼ぐ人も少なくありません。実際に私も田舎フリーランス養成講座を受講し、案件を受注した経験があるからこそ独立に成功しました。

 

気になる方は一度チェックしてみるのも1つの手ですよ。

未経験でもOK!仕事を受注してフリーランスWebライターになろう

Webライターの仕事は、クラウドソーシングを利用して案件を受注すれば誰でもはじめられます。依頼をうけて実績を積み、フリーランスとして独立する人も少なくありません。

 

正しい努力を重ねれば、3ヵ月で月に40万円以上稼ぐのも夢ではありません。一定の収入を得ながら好きな場所で仕事する生活も実現できる可能性があります。

 

もし短期間でスキルを身につけたいなら、実践的な内容の講座を受講するのがおすすめです。プロから教われば、スムーズに独立へのスタートダッシュを切れますよ。

 

フリーランスWebライターを目指している方は、この記事を参考にぜひ挑戦してみてくださいね。