「収入が少なくて不安」将来へのお金の不安があるなら副業フリーランスがオススメ! – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
「収入が少なくて不安」将来へのお金の不安があるなら副業フリーランスがオススメ!

「思うような収入が得られず、将来が不安」「貯金をもっと増やしたい」そういった時に有効なのは、転職活動でなく副業です。副業で複数の収入源を持っておくことで、金銭リスクを減らしつつ、独立や転職など、次のステップにも踏み切りやすいためです。

そこで、本記事では、副業に取り組む上でのメリットや、知っておきたいこと、副業のジャンルなどをまとめました。

副業のメリットは大きい

本業を持ちながら副業をするのはエネルギーを使いますが、そのメリットは大きいです。

  • 金銭面で余裕ができる
  • 万が一のセーフティネットとしても役立つ
  • 特技を活かせる
  • 時間配分がうまくなる

副業による収入があると、いくらかは金銭面での余裕ができます。したがって、万が一本業の収入が途絶えてしまったとしても、収入ゼロという状況に比べれば、遥かに余裕を持って次のステップに望めるでしょう。

他にも、特技を活かした副業であれば、半分趣味のような感覚で仕事にあたることができます。また、副業といえあくまで仕事ですので、知識も増え、本業に活かせる知識も手に入るでしょう。

さらに、本業と副業の二足のわらじですと、必然的に1日の時間をどう過ごすか、という点についても考慮する必要が出てきます。このように、副業に取り組むことで、1日の無駄が削ぎ落とされるという場合もあるようです。

しかし、「副業は業務規程で禁止されていないか?」という懸念事項もあるようです。なぜ、副業が禁止されているのか。次は、副業に取り組むうえでやってはいけないことを中心に見ていきましょう。

副業はNG?

そもそも、多くの会社で副業が禁止されている背景としては、

・副業で会社の事業機密を漏洩されるおそれがある
・副業に入れ込み、本業(会社での業務)を疎かにされるおそれがある

の2点が理由として大きいようです。くれぐれも、この2点に関しては守れるように心がけましょう。

特に、前者に関しては非常に大きな問題に繋がる恐れがあります。ライター業などを始める際は、細心の注意を払うようにしましょう。

本業に支障が出ない程度に

副業で独立した方の中には、「本業の収入を超えた段階で独立」という形を取る方も多いようです。

ですが、本業に支障が出るくらいまで副業に力を注ぎすぎると、ワークライフバランスが非常に悪くなってしまいます。本業をやめるつもりがないのであれば、あくまでセーフティネットとして空き時間を割く程度の心持ちで取り組みましょう。

それでは、続いて副業にどんな種類があるのか、それぞれジャンル分けして解説していきます。

色々ある副業の種類

ビジネスマンが「副業フリーランサー」として取り組むには、なるべく低いハードルで収益を望めるビジネスを始めるのがおすすめ。以下で、代表的な副業のジャンルを紹介していきます。

ネット副業

もっとも手軽にできる副業といえばこれ。アフィリエイト、物販、情報販売などがネット副業にあたります。ブログやアフィリエイトは初期投資がほぼかかりませんので、副業としては最も手軽に始められるビジネスです。自分の知識・ノウハウも活かすことができるでしょう。

他に、ライター業やデザイン業、近年ではYoutubeなど、ネット副業は多岐に渡っています。自分のできそうなものを初めて見るのがおすすめです。

投資

FX、株式投資、投資信託など、投資も副業の一種です。為替の勉強を怠らず、小さく手堅く稼いでいくというやり方で稼いでいる方が多いようです。ただし、株式投資はリーマン・ショック以降、副業として取り組むにはリスクが大きいと判断せざるを得ません。

興味があり、勉強するのが苦にならなければ、手を出せるジャンルではないでしょうか。

スキル型副業

スキルを活かした副業も行えます。音楽やイラスト制作、写真など、自分のスキルがあるならそれを販売してみてもよいでしょう。近年では家事や式典などの「代行業」なども需要が高まっているようです。

スキル型副業の選択肢は多岐に渡りますので、思いもよらぬコンテンツが仕事になることもあるかもしれません。

このように多くの種類がある副業ですが、どれが稼ぎやすいかと言われると「ネット副業」が手軽、ローリスク、堅実で非常におすすめできます。ネット副業のコツはWeb上で多くのノウハウが発信されていますので、興味があれば調べてみるとよいでしょう。

まとめ:収入源がひとつしかない「リスク」に終止符を

2017年現在、規定により副業を禁止している会社は未だに多くあるでしょう。マイナンバーの導入によって、副業がバレてしまう可能性も高まっています。

ですが、収入源が本業である会社の給料一本というのは、果たしてリスクがないといえるでしょうか?これから先、勤めている会社が30年~40年も保つかと言われると、答えに窮してしまう方も少なくないと思います。

本業が傾きかけた時に、副業によって救われることもあります。もし、副業に興味があるなら、縛りにとらわれずまずは初めて見るとよいでしょう。

あなたの選択肢が広がることを願っております。