福井県鯖江市で田舎フリーランス養成講座が開催されます! – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
福井県鯖江市で田舎フリーランス養成講座が開催されます!

こんにちは、田舎フリーランス養成講座広報の野里和花(@robotenglsih)です。

2016年に千葉県富津市金谷のコワーキングコミュニティまるもでスタートした"田舎フリーランス養成講座"。

その後、山梨、愛媛、鹿児島など、全国で拠点を増やしてきた当講座ですが、この度、福井県鯖江市でも開催が決定しました!

「福井県鯖江市ってどんなところ?」
「鯖江の講師はどんな人だろう…?」
と気になっている方のために、福井県鯖江市での田舎フリーランス養成講座についてご紹介します!

受講を希望する方は以下よりお申込みください!

福井県鯖江市ってどんなところ?

福井県鯖江市…と聞いて「あ!知ってる!」となる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
ものづくりや地方活性に関心がある方なら、もしかしたら耳にしたことがあるかもしれません。

福井県鯖江市はものづくりの町

まず、福井県鯖江市の主な産業は、「眼鏡」と「漆器」です。

なんと、メガネフレーム鯖江市で約75%、県を含めると約96%、
業務用漆器の国内製造シェア約80%を誇っています。

おそらく、これを読んでいるあなたの目を助けている眼鏡も、今日のお昼ご飯の定食屋さんで手にしたみそ汁茶碗も、鯖江産でしょう!

そのくらいものづくりが活発な地域。

めがねのまち さばえ」としてのブランディングも進んでいます。

福井県鯖江市のユニークな施策

ものづくりだけではなく、行政の面白い取り組みも注目を集めています。

JK課


参考:鯖江市役所JK課

行政に女子高生の声を!という想いから、市に2014年に新設されたのがJK課。

市役所には、女子高生が出入りし(そんな光景、なかなか見たことないですよね)雑談するなかで、実施に新しい施策やなどが決定しているそうです。

ゆるい移住


参考:ゆるい移住

体験期間中に何をしていただくかは自由です。空き家を探していただくのもよし、何もしないのもよし、新たな活動や仕事に取り組むのもよし。まずは 「そのまちに住む」ということを自由に体験してみてください。

引用元:ゆるい移住

それが、ゆるい移住。
国の5市町村で実施されていますが、これは2015年に福井県鯖江市が実施したものをきっかけに発展。

移住、と聞くと、ハードルが高く感じられ最初の一歩を踏み出すことが難しく思えますが、ゆるい移住は本当にゆるいので、ゆるっと滞在して、自由に過ごし、気に入ったら住むのもありかも……
と、移住というものがもっと身近になるような取り組みになっています。

福井県鯖江市での田舎フリーランス養成講座

そんな福井県鯖江市で、田舎フリーランス養成講座が開催!
どの回も、もちろん気持ちがこもりますが、初開催となると、「次にバトンを渡せますように…!」という気持ちで、より運営側も力がこもります。

会場はシェアハウスと一体型


まずは会場をご紹介。
今回の田舎フリーランス養成講座の会場となるのは、こちらのお屋敷です。
会場とシェアハウスが一体となっており、部屋総数は12部屋、なんと20人弱の人が滞在可能です。

 

 

ゆくゆくは宿泊施設としてオープンされる予定なので、内装も清潔感があり、綺麗です。

オープンキッチンで料理もはかどりそう!

お風呂は浴槽ありのものがひとつ、シャワールームがふたつあります。

スーパーまでは車で3分ほど。シェアカーを利用して行けます(免許証をお持ちでない場合はスタッフが送迎しますので、ご安心ください)。

周辺は民家になっており、夜はとても静かです。
誘惑の少ない環境で、集中して作業に取り組めます。

統括はディレクター・森一貴さん

福井県鯖江市で統括を務めるのは森さん。

プロフィール

1991年山形県生まれ。東京大学を卒業後、コンサルを経て福井県鯖江市へ。
「社会に自由と寛容をつくる」がテーマ。

「変化していけるための小さな階段をつくる」というアプローチで、ゆるく地方に住み人生を問い直す実験「ゆるい移住」や、多様な生き方に出会う「生き方見本市HOKURIKU」などを手がける。ローカル・ソーシャル領域の右腕役としても活動。音楽が好き。

森さんから受講生へのメッセージ

こんにちは。森一貴です。

ずっと、どうやったらみんなが幸せになれるか、を考え続けてきました。その結果、いまはフリーランスとして”社会に自由と寛容をつくる”ために、少しずつ歩みを進めています。

そんな僕から伝えたいのは、「僕たちは自由でいい」ということです。
僕たちは、やりたいことには、挑戦することができる。いつでも変わっていくことができる。自分たちのありたいように生きることができる。

田舎フリーランス養成講座は、そんな「僕たちは自由だ」という確信を得ることができるプログラム。みなさんの人生にとって、きっと大事な一歩目になるだろうと思っています。

一ヶ月間。ぜひ一緒に、思いっきり生き方に向き合いましょう。

森さんのことをもっと知りたい!という方は、田舎フリーランス養成講座統括紹介【5月鯖江】森一貴 / ディレクターをご覧ください。

【5月鯖江】の講師紹介

5月鯖江の講師陣は以下になります。
(随時更新)

黒田剛司 / メディア運営屋
野里和花 / パラレルワーカー

今回も、Webフリーランスとして第一線で活躍するフリーランサーのみなさんが講師を務めます。
講義だけじゃなく、生活を共にすることで、先輩フリーランスの背中から仕事術も盗み取ってもらえればと思います!

田舎フリーランス養成講座の拠点が増えました。

田舎フリーランス養成講座では、いままで、
・千葉県富津市金谷 コワーキングコミュニティまるも
・千葉県いすみ市大原 コワーキングコミュニティhinode
・山梨県都留市 コワーキングコミュニティteraco.
・鹿児島県頴娃町 コワーキングスペース i-Shop
・石川県能登地方穴水町 ぼりちゅに邸
・山梨県南部町 泊まれるコワーキング五番地
・愛媛県大洲市 コリビング 西田邸
で開催しており、(まるも、hinode、teraco.では定期開催、その他地域は不定期)ここに、

・福井県鯖江市

が加わり、全国8拠点となりました。

各地域で、そのまま移住する受講生が毎回2-3割ほどいるため、田舎フリーランス養成講座は、1カ月間の地域への消費行動での還元だけではなく、移住促進にも繋がっています。

鯖江で田舎フリーランス養成講座が開催されることで、鯖江ブランドがさらに高まればという想いももって運営しています。
一緒に、鯖江での最初の田舎フリーランス養成講座をつくりましょう!