「フリーランスはリスクがある」は本当。だから稼ぐ力をつけて安定させよう – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
「フリーランスはリスクがある」は本当。だから稼ぐ力をつけて安定させよう

フリーランスになって自由に働きたいとは思うけれど、食べていけるかわからないし怖いという方もいると思います。
たしかにフリーランスにはサラリーマンにないリスクがあり、それはしっかりと把握しておかないといけません。

しかし働く場所や時間の制約が少なく、自分の能力を活かした働き方をしやすいため、やりがいもあります。
フリーランスとして安定して働くには「しっかりと稼げるか」が鍵です。
フリーランスの稼ぎ方と合わせて紹介します。

フリーランスになることで生じるリスク

収入が不安定になる

会社から月給という仕組みで一定の収入があるサラリーマンと異なり、フリーランスは仕事で成果を上げられなければその分報酬も減ります。
また個人で仕事するため、体調を崩しても代わりに仕事をしてくれる人がいません。
とくにフリーランス初期の頃は収入がなかなか安定せずに、辛い可能性があります。

 職務経歴書に空白ができてしまう

時代は移り変わっていますが、まだサラリーマンとして会社に勤めることが多数派の働き方です。
もちろんフリーで働いていた期間も収入があり、スキルも身につきますが会社によっては空白の期間としてとらえられてしまうかもしれません。
自分がフリーランスとしてどんな活動をしてきたかは、しっかりと説明できる必要があります。

 精神的な孤独

会社から肩書や身分を保証されていないため、個人の実績や実力で社会のなかに居場所を作らなければいけません。
しかし、同僚や上司もいないフリーランスは孤独になってしまいがちです。
人に相談できるような環境がないと、ずるずると悪循環が続いてしまう怖れがあります。

フリーランスとして稼いでいく方法

フリーランスによるリスクは様々ですが、継続して安定に稼げれば様々な不安や危険性から身を守れます。
そのためどのように稼ぐかを考えることはとても大切です。
フリーランスとして稼いでいく方法を紹介します。

 クラウドソーシングを利用する

前職からの付き合いや幅広い人脈をもっていれば別ですが、仕事をすすめる上では集客することが不可欠です。
この営業がフリーランスにとってネックになってしまうことは多いです。
しかしいまでは「クラウドソーシング」があります。

オンライン上でクライアントと受注者をつなげる仕組みであり、特別なスキルや営業力がなくてもネットのみで収入をあげられます。
たしかに仕事に参入しやすい分仕事の単価も安めですが、クラウドソーシングでしっかりと稼いでいる方も少なくなく、実績もできます。
これぐらい稼げるとわかれば精神面も収入面も安定しやすくなるので、まだスキルはないけれどフリーランスで働きたいという方にはとても有用です。

 ブログやSNSなどで発信する

いまはネットが発達したために、情報を収集したり発信することが個人でも簡単にできるようになりました。
SNSなどもあるためフリーランスでの活動は格段にやりやすくなっています。
とくにブログはフリーランスとも相性の良いツールで、好きなようにカスタマイズして発信することができます。
実際に個人で運営しているブログ経由で受注する仕事を受けている方もいます。

また、発信するときには、自分の専門分野を確立することもとても大切です。
人よりも頭一つ抜けたスキルや専門性をもたないと、フリーランスという立場ではなかなか仕事を得られません。
仮に仕事があったとしても単価が安く、続けていると消耗してしまいます。
クライアント側からぜひこんなスキルのある人に仕事をお願いしたい、と思ってもらえるような内容を発信することが肝心です。

収入の柱を多く持つ

収入が多くても特定のクライアントから受注が多いと、もしその仕事がなくなってしまったときに仕事がなくなり大きな損害を被ります。
いくら安定したクライアントに思えても、何があるかはわかりません。
収益が安定してきたからといって慢心せずに、常に新しいスキルを取り入れながら営業活動は継続することでリスクヘッジになります。

稼いでいるフリーランスは1社に専属というよりも、複数の会社と契約を結んでいることが多いです。
大手のクラウドソーシングサイト「Lancers」が行った調査によると、「副業系パラレルワーカー」という分類の、2社以上の企業と契約ベースで仕事を行うフリーランスは、全体の20%以上が600万円以上の年収を得ているとされていますフリーランス実態調査2017年より)。
高収入で安定的なフリーランスを目指すためにも、仕事を分散させる意識は大切です。

 コミュニティに所属する

会社などに所属していなくても、フリーランス同士でのコミュニティは業界や地域毎に形成されていることが多いです。
仕事はそのコミュニティ界隈でまわることが多いため、そこに身をおきつつ信頼を高めたり、自分の専門分野をアピールできると仕事が流れてきやすくなります。
フリーランスであるからこそ、そういった人間関係を大事にする必要があります。

終わりに

フリーランスが抱えてしまいやすいリスクと、その対策としてフリーランスとして稼ぐ手段について述べました。
フリーランスといっても様々な形態がありますが、特定の組織に所属せずに稼ぐには苦労するときもあります。
しかし地道にスキルを磨きつつ、営業や発信を怠らなければ安定して稼ぐ力は必ず身につきます。
できるフリーランスとして楽しく働いていきましょう!