仕事辞めたいは甘えじゃない!仕事を辞めたいあなたがするべきこと – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
仕事辞めたいは甘えじゃない!仕事を辞めたいあなたがするべきこと

 

誰もが始めから理想の仕事に就けるわけではありません。

社会に出て働くなかで自分の適性や、本当にやりたいことなどに気づくことも多いです。
仕事を簡単に投げ出すのはよくないという考えもありますが、いやいや仕事を続けても成長できず本人にとっても、会社にとってもよくないかもしれません。

とはいえ、いざ会社を飛び出すのはかなり勇気がいりますし、経済的な問題もあります。
そこで今の会社を辞めたいと考えている人が、何をすべきかについてまとめました。
転職などを考えている方はぜひ参考にしてください!

仕事を辞める準備をする

いくら仕事を辞めたいと思っても、いきなり辞めてしまうと会社や上司に大きな迷惑がかかってしまいます。
法律では原則として2週間前までに伝えれば良いと定められていますが、できればもう少し前に伝えた方が良いです。

事前になりすぎると仕事が気まずいかもしれませんが、辞める一ヶ月前くらいには伝えるようにした方がトラブルなども起こりにくいです。
有給はどう消化するか、引き継ぎはいつまでに行うかなどの確認もしておくと、お互い円満に辞めやすくなります。

貯金や保険を見直す

仕事を辞める上で一番のハードルの一つが金銭面になるかと思います。
いま貯金がいくらなのかを明確にしつつ月々の支出を計算し、もし働かなくなってもどれくらいは生活を維持できるかなどはシビアに見積もっておいたほうが後々困りません。

サラリーマンとして会社に勤めているとたいていは雇用保険などに入っているので、失業保険などを受けられます。
勤続年数や給料の額によって変動しますが3ヶ月から半年くらい給付がでるので、だいぶ退職後の活動の助けになります。
詳しい内容などをハローワークで確認してみてください。

また会社を辞めてしまうと健康保険や国民年金も個人で負担して、事務処理をしなければなりません。
辞めた直後はなにかと忙しくなってしまうので、あらかじめ調べておくと安心できます。

お金を稼ぐ手段を考える

支出を抑えても収入がなければお金は減っていく一方です。仕事を辞めてから一定の休む期間を経るにしても、できれば先々のことを考えて「今後どうやって稼ぐか?」を意識しておくことは大切です。

フリーランスで働くという選択

やはり会社を辞めても仕事をして収入がなければ生活が成り立ちません。次の転職先が決まっていれば問題ないですが、必ずしもそうでない可能性もあると思います。
働き方は様々なので、サラリーマンではなく「フリーランス」として稼ぐという選択肢を選ぶ人も最近は増えてきました。

フリーランスとは特定の企業に雇われるのではなく、個人でクライアントと契約を結ぶことで報酬を得ている方たちを指します。
一見難しそうにも見えますが、今は「クラウドソーシング」などの仕組みもあり、個人で稼ぐことのハードルが下がっています。

クラウドソーシングを利用して稼ぐ

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事の受注者と発注者をつなげるシステムです。「クラウドワークス」や「Lancers」が有名ですが、その他にも様々なサイトがあります。
仕事の内容もWebサイトの制作やプログラミングのみならず、翻訳、デザインなど様々です。
特定のスキルをもっていればそれをもとに仕事を受注できますが、パソコンにあまり明るくなくても「Webライター」などの仕事であれば誰でも始められます。

登録するだけであれば誰でも行えるので、あまり場所や時間にとらわれない働き方をしたいという人にはぜひチェックしてください。
参入しやすい分仕事の単価も上げにくいですが、実績や実力がついてくればステップアップもできるので、フリーランスの第一歩に向いています。

環境を移すことを考える

仕事を辞めて住む場所や環境を変えられるようになるのであれば、別の場所で生活することを考えるのも大切です。
都心部では家賃などの生活のコストが高く、収入が減ってしまう状況で住み続けるのは経済的にも負担がかかります。
先ほど紹介したクラウドソーシングなどの方法を用いれば田舎でも仕事が可能です。
収入が減っても、支出も抑えられれば生活も安定してきます。

未経験でいきなりフリーランスになるのは難しい、と感じるかもしれませんがいまはフリーランスを目指す人も少なくないため、いろいろな場所で講座が開かれています。

とくに千葉県富津市の金谷で行われている「田舎フリーランス養成講座」はおすすめです。
Webサイト制作やプログラミングなどのスキルや独立に必要な知識を、短期間で集中して学ぶことができます。
4週間の講座で15万円と格安の値段で受講できるためコストパフォーマンスも高く、フリーランス仲間との交流もできます。

終わりに

仕事を辞めたいと考えている人向けに、辞めるにあたってどのようなことを考えておけばよいのかというところから、サラリーマンではないフリーランスという選択肢まで紹介しました。
周囲からの意見は様々だと思いますが、会社を辞めることが必ずしも甘えになるわけではありません。
将来を考えての積極的な行動であれば、むしろプラスになります。
今は働き方も多様化しているので、いまの会社に居続ける以外のことも考えてみてください。