2017/08/25

バイトしたくない大学生は「自分で稼ぐ力」を身につけよう!

アルバイトは大学生くらいであれば、誰でも手軽に始めて稼げます。
しかし、基本的には与えられたことをやるだけです。
そのなかで身につくこともありますが、どうしても受け身な働き方になってしまいます。
そういった誰でも同じようにできることやりながら自分の時間を売るよりは、「自分で稼ぐスキル」を学んだほうが後々役に立ちます。

アルバイト以外の手段で、自らお金を稼ぎ出すための手段をまとめました。
大学生はぜひ参考にしてもらいたいです。

大学生向けのアルバイト以外でお金を稼ぐ5つの方法

ネットを利用する手段が主ですが、大学生でも可能で自力でお金を稼ぐ手段として

  • ブログ
  • クラウドソーシング
  • ECサイト
  • 有料note
  • 投資(FX)

の5つをあげます。

1、ブログ

ブログはいまでは「アメブロ」や「LINE BLOG」など無料で使えるサービスも数多くあるため、日記感覚でやっている人も少なくありません。
実は、ブログをうまく用いれば収益を上げられます。

具体的な手段としては、「Google Adsense」に申請してブログ上に広告を出したり、商品の紹介記事を書きつつアフィリエイトサービスを利用して商品の購入を促すことによってお金を稼げます。
もちろんブログのPV(閲覧)数を増やしたり、購買意欲を促すような文章を書いたりと工夫は必要です。
しかし、一度仕組みを作れば継続して報酬が入り続けるため、長い目で見ればお金を稼ぐ手段としてとても有効です。

2、クラウドソーシング

「クラウドソーシング」も非常に便利です。
クラウドソーシングとはオンライン上で仕事の発注者と受注者をつなげるシステムで、基本的には誰でも登録して利用できます。
仕事の内容も様々で、Webサイトの制作からデザイン、写真加工、音楽、翻訳など多岐に渡ります。
いずれも一定のスキルが必要に感じますが、内容によっては誰でも取り組めるものもあります。

とくに「ライティング」はおすすめです。
発注主からの指示に従って文章を執筆する仕事ですが、特別なスキルがなくとも始められます。
最初は時間がかかってしまうかもしれませんが、実力がつけば時間や場所を問わずに働けるので効率が良いです。
比較的すぐに報酬が入るところもうれしい点です。

プログラミング言語などさらなる知識があれば、さらに単価の高い仕事ができます。
学生であれば「TECH::CAMP」、「WebCamp」、「TechAcademy」といったスクールに学割価格で通えることも多いので、スキルを磨くことでアルバイト以上に稼ぐことも可能です。

3、ECサイト

ECサイトとは商品やサービスをネット上で売買するためのサイトのことです。
以前は管理するためにかなりの知識やコストが必要でしたが、最近は個人でも簡単に始められるようになりました。
これらのサイトを利用すれば、自分で作った商品やサービスで稼げます。
月額の利用料が無料で、大学生でも運営しやすいECサイトを4つあげます。

  • 「ミンネ」・・・主にハンドメイド雑貨やクラフトなどを売買するサイト
  • 「BASE」・・・簡単かつ短時間でネットショップを開設、運営できる
  • 「ココナラ」・・・物だけでなく、イラストといったスキルや経験を売買可能
  • 「PIXTA」・・・写真・イラスト・動画といった素材を世界中に販売する

4、有料note

「note」は文章や写真、音楽といったコンテンツを簡単に投稿でき、クリエーターと買い手をつなげるサービスです。
有料で販売することもできるため、自分の経験や知識をもとに人に貢献できるコンテンツを作れれば、それで収益をあげられます。
難しく感じるかもしれませんが、大学で学んでいること、恋愛や合コンや就活といった身近な内容、小説といった様々な形式で販売できるので不可能ではありません。

5、投資(FX)

経済やお金の流れに興味があれば、投資を始めるのも悪くありません。もちろんお金を稼ぐどころか損をしてしまうリスクもありますが、経済感覚の勉強にもなります。
FXなどであれば5万円くらいの金額から低リスクで参加でき、かつ成功すれば稼げるチャンスになります。

上記で紹介した5つの手法はアルバイトとは異なり、すぐには収益につながらないことも多いです。
時給に換算するとアルバイトの何分の1になってしまうこともあります。地道に育てるような感覚で継続することが大事です。
少額でも自力で稼いだという経験は必ずプラスになります。

大学生だからこそアルバイト以外の仕事をする価値がある

アルバイト以外の手法で「自力でお金を稼ぐ」ための5つの方法を紹介しました。
やり方次第ですが、ある程度勉強しないと始められないものも多く、手間もかかります。
しかしアルバイトでは他の学生と差別化できるようなスキルは、なかなか身につきません。
自分で稼いだ経験は自信にもなりますし、就職活動時のアピールにもなります。
それどころか就活してサラリーマンになる以外の働き方も視野に入るかもしれません。

時間的な自由があり、様々なことを吸収できる大学生だからこそアルバイト以外で稼ぐ力をつけることは、選択肢をぐっと広げます。

 


山田穂高

カウンセリングをしながらお客さんに合ったハーブを提供するお店「さなぎハーブ」を運営しています。ライターとしても活動中。禅を中心とした心のことも勉強しています。 田舎フリーランス養成講座第9期生