田舎フリーランス養成講座メンター講師への手紙【怪談師YouTuberナナシロ】 – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
田舎フリーランス養成講座メンター講師への手紙【怪談師YouTuberナナシロ】

こんにちは、田舎フリーランス養成講座事業マネージャーの行武です。
いすみ開催回への想いを語った記事が意外と好評だったので、もう少し書いてみようかなとPCを立ち上げました。

田舎フリーランス養成講座への参加を検討している人にとっての判断材料は

①日程
②開催地域
③メンター講師

この3つが大きいのかなと思います。
日程や開催地域は告知の通りですが、1ヶ月をどんな講師が支えてくれるのか、その人柄を語ることはあまりありませんでした。

「なぜこの人なのか」 とか 「どこに魅力を感じたのか」 とか、参加前にもっと伝えられることってあるよな、と思い、メンター講師への手紙と称して紹介したいと思った次第です。

この記事で私が普段講師にオファーする様子が少しでも伝わるとうれしいです。
今回は怪談師YouTuberナナシロさんへの手紙です。

photo by 草場あゆみ

怪談師YouTuberナナシロ様

突然のお手紙、びっくりさせてごめんなさい。
5月6日から千葉県いすみ市で開催される田舎フリーランス養成講座に講師として参加していただきたく、ご連絡しました。

ナナシロさんとはじめてお会いしたのは去年の6月。
私がhinodeで初のオフラインイベント「バズる図解」を開催した時のことでしたね。

 

アートにも哲学にも信仰にも造詣が深く、この人と仲良くなりたい!とhinodeに向かったのですが、
当時ジャックナイフのような発信スタイルだったため、ビビって話しかけられなかったことをここで白状しておきます。

…にも関わらず、ナナシロさんのマルチな才能に私はどんどん魅了されていったのでした。

どれだけがんばっても追いつける気がしない企画力。

https://anomura.jp/yabanjin/

http://x-is-undefined.com/meshikuitai/

チャンネル登録数3万人を突破し、今も伸び続けるYouTube。

https://www.youtube.com/channel/UCzn1F3Up70wzCbiJw4ndpsQ

ナナシロさんはどの仕事でも、必ず1つは新しい技術を取り入れることを決めている、と聞きました。

営業をしなくても次々に仕事が舞い込むのは、クライアントからの信頼を積み上げること、新しい考え方や知識を取り入れることが習慣になっているからなんでしょうね。

photo by 草場あゆみ

最近はナナシロさんのおかげでサイト制作やデザインのジャンルを志望する受講生も大きな結果がだせるようになりましたが、

私は 「安心して闇を晒け出せる包容力」 もナナシロさんのすごさだと思っています。

毎回田舎フリーランス養成講座には様々な受講生が参加します。

・とにかく数字にコミットしたい人
・開講数日前にPCを購入した人
・すでに高所得といっていい収入がある人
・何かを変えたいと思って参加した人
・本音を心の奥底にしまった人

…なかなか表面に出てこないことが多いけれど、みんなそれぞれ手に入れたいものがあります。

不思議なもので大人になると、 「欲しい」 「怖い」 「羨ましい」 といった感情が出しづらくなるものですが、ナナシロさんと話しているとそれが人間として当たり前のことなんだと気付かされます。

自分に素直になれた人は強い。
何事も「自分がこうしたいから」と言えるようになるから。
(受講生のブログを読んでも、その存在の大きさが伺い知れます。)
新しい居場所を見つけた1ヶ月【いなフリ記録】

きっとこれからもナナシロさんに出会う受講生は、いなフリで人生のターニングポイントを迎えることでしょう。


photo by 草場あゆみ

毎回私がスタートの時に運営陣に伝える 「伝説の回を作ろう」
元々はナナシロさんの口癖でした。

「毎回違う受講生、違う講師で臨むいなフリなんだから、毎回伝説を作ろうとすれば良いものになるのは当たり前だよね。」
初めて一緒に仕事をした時、そう言っていましたね。

今回も一緒に伝説の回を作りたいと思っています。
あらためて、ぜひ5月いすみ開催回のメンター講師を依頼させてください。
お返事お待ちしています。

田舎フリーランス養成講座事業マネージャー 行武亜沙美

—————————-

怪談師YouTuberナナシロは5月いすみでメンター講師を勤めます。
お申し込みは【現在募集中のプログラム】からどうぞ!