フリーランスになりたい人がやるべきことは?フリーランスの始め方について – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
フリーランスになりたい人がやるべきことは?フリーランスの始め方について

フリーランスとして生活を始めるためには、どういう準備をして、何をすればよいのでしょうか?独立後に焦らず仕事に集中できるように、退職前に準備できることはしておかなくてはなりません。

そこで、今回は、開業届などの事務処理、金銭面、物資面の準備はどの程度すべきか、に焦点をあてて解説していきます。

フリーランスには手続きが必要か

結論から言ってしまうとフリーランスになるために必要な資格や経験は一切ありません。今日から「フリーランスです」と名乗りさえすれば誰でもなることができます。

それでは、フリーランスとして準備する必要があるものは何か?以下からみていきましょう。

フリーランスの初め方:各種手続(開業準備)

まず、済ませておきたい手続きから紹介していきます。フリーランスは、収入が不安定であるぶんどうしても社会的信用が低くなってしまいます。そのため、退職前にできることはやっておいたほうが良いでしょう。

退職前に済ませておきたい、クレジットカード作成や不動産契約

先ほど説明したとおり、クレジットカードの作成や不動産契約、ローンの契約など、審査を必要とするものは予め済ませておきましょう。フリーランスになった後で、と甘く見ていると、審査通過が難しくなってしまい、要らぬ苦労をしなくてはならなくなる可能性が高いです。

退職をしてからやるべき手続き

また、退職後にやるべき手続きもいくつか存在します。退職してから焦らないように、退職前にあらかじめ準備しておくとよいでしょう。

厚生年金から国民年金へ、あるいは任意継続

市区町村役場にて、企業の「厚生年金」から「国民年金」への切り替えをかならず行いましょう。期限は退職してから14日以内です。

健康保険の切り替え

上述した年金と同じく、市区町村役場にて、勤めていた企業の健康保険から「国民健康保険」への切り替え手続きを行ってください。年金切り替えと同じく、期限は退職してから14日以内です。

開業届の提出

また、上記と合わせてお近くの税務署で「開業届」も提出しておくとよいでしょう。これは必須ではありませんが、開業届を提出しておくと、屋号での口座開設が可能になる他、確定申告で税金の控除額が増える「青色申告」を申請することが可能になります。

なお、提出期限は、前職を辞めてから一ヶ月以内となります。

あわせて提出しておくべき「青色申告承認申請書」

開業届を提出したら、「青色申告承認提出書」も提出しておきましょう。これは、確定申告で「青色申告」を行うために必要な書類で、基本的には開業届と一緒に提出するケースが多いです。

青色申告を決意したなら、必ず提出しなくてはならないものですので、開業届と一緒に提出しておきましょう。

上記の手続きを行うのに必要なものまとめ

補足として、上記の手続きを行うのに必要なものを表にまとめました。

[table id=4 /]

以上が、フリーランスとして独立するにあたっておおむね必要な手続きです。次に、フリーランスとしての生活を始めるにあたって「準備しておきたいもの」をみていきましょう。

フリーランスの始め方:準備しておきたいもの

フリーランスは1年目を乗り切れるかどうかがカギです。では、最初の1年を不安なく過ごすためにはどうすればいいのでしょうか?以下に、フリーランスとして準備したほうがいいものをまとめました。

パソコン、机など各種備品

仕事をするために必要な道具です。また、仕事をするための道具は経費として計上できますので、一度に揃えておくと計算の手間がかかりません。

経費については、こちらの記事にまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

会計ソフト

毎月の収支計算で、自分の経済状況を正確に把握しておくことは、フリーランスでは特に重要です。近年ではフリーランス向けに青色申告まで行ってくれるオンライン会計ソフトもありますので、使わない手はありません。

代表的なオンライン会計ソフトは以下のふたつ。

freee(フリー)

キャッシュカードやクレジットカードの情報を入力することで、入出金の記録を自動で同期するなど、会計が非常に楽になる機能を各種搭載。請求書も作成可能。

弥生

自宅から確定申告ができる「e-tax」に対応した会計ソフト。青色申告用と白色申告用の2種類があり、白色申告→青色申告など、双方切り替えることも可能。

貯金

人によりますが、独立後に最低3ヶ月は何もしなくても生きられるだけの貯金は確保しておくべきでしょう。

仕事

独立してから仕事を探すよりも、収入がある退職前に、余裕を持って仕事を探しておくとよいでしょう。取引先が1社でも2社でも、3万円でも5万円でもかまいませんので、ひとつくらいは毎月の収入源を持っておくと心の余裕も生まれます。

まとめ

フリーランスは、いかに「経済的余裕」とリンクする「精神的な余裕」を持ち続けられることができるかがカギといえます。先行きの不安定さは、精神的な不安定さにつながり、バイタリティを要する行動が起こせなくなってしまうためです。

したがって、独立前後にやるべきことを把握し、万全な体制でフリーランス開業に臨むことは、今後の安定という意味でも重要です。しっかりと手続きと準備を済ませ、万全なスタートダッシュを切っていってください。