フリーランスが抱えがちな「不安」とは?不安の内容や対処法について – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
フリーランスが抱えがちな「不安」とは?不安の内容や対処法について

フリーランスとして働いていると、会社員とはまた違った不安や悩みも出てきます。

私自身も、まだフリーランスとして活動し始めて2ヶ月ほどですが、今回挙げる不安もとても感じます。
ですが、漠然と悩んでいるうちはものすごく大きな不安に感じてしまいがちですが、一つ一つ洗い出して自分なりの対処法を見つけてみれば案外少しの行動で解決できることかもしれません。

今回はフリーランスの人が感じやすい不安と、それらに対する対処法を提案したいと思います。
フリーランスでこれらに当てはまる人はぜひ一緒に向き合ってみてください。

フリーランスによくある不安①収入に対する焦り

まず一番大きな不安は恐らく収入に対する焦りだと思います。

会社員と違って毎月決まった金額が振り込まれるわけではありません。
自分がやった分だけお金は入り、当然できなかった分だけ収入は減ります。

対処法:自分にとって毎月必要な最低限の金額を知る

そんな時にオススメな対処法が自分にとって毎月必要な最低限の金額を知るということです。

お金は多ければ多い方が良い、と思うかもしれません。
ですが、上を目指せばキリがありませんし、実際には毎月10万ほどしか使わないのに他の稼いでるフリーランスの人たちを見て、自分は100万も稼げてない…と必要以上に落ち込んではいませんか?

なので、大切なのは「自分にとっていくら稼ぐことが必要なのか?」ということをしっかり把握しておくことです。

その為には毎月かかるお金を計算してみましょう。

  • 家賃
  • 光熱費
  • ケータイ代
  • 税金
  • 年金や保険代

意外と、これらの金額を正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

そこから逆算して、1ヶ月に自分はいくらあれば生活できるのか。
では、毎月いくら稼げば良いのか。

それさえ分かっていれば、最低限受けるべき仕事、毎日何時間働けば良いのかなどが明確になります。
あとはその金額を稼ぐ為に必要な仕事をこなすだけです。

初めのうちは必ずしもやりたいこと「だけ」で稼げる必要はありません。
クラウドソーシングを活用しても良いし、必要であればバイトや派遣をやっても良いと思います。

まずはぼんやりと「稼げるか不安」と思うのではなく、自分に必要な金額を知り、それを確実に稼ぐための手段を見つけましょう。

フリーランスによくある不安②周りと自分を比べてしまう

会社員であれば、毎日の貢献度や仕事の質に差があったとしても、同じ役職の人同士であれば基本的には給料に差は出ません。(もちろん残業代や、長い目で見れば出世するかどうかには影響しますが。)

一方フリーランスは良くも悪くも、自分の働きや活動が結果や成果としてダイレクトに表れてきます。

なので、どうしても他のフリーランスの人が「今月はいくら稼げた」などと言っていることに対して自分と比べて焦ってしまうこともあるかもしれません。

私も、ものすごく他人と自分を比べて落ち込みやすいのでよく分かります。

対処法:自分ならではの魅力を見つける

そんな時に良い対処法が自分ならではの魅力を見つけることです。

「自分には自慢できるようなことなんて一つもない」と思うかもしれません。

でも、誰にでも、得意なことや好きなこと、無意識にやってるけど他の人はなかなかできないこと、などがきっとあるはずです。

どんなに小さなことでも良いのです。
自分にとっては当たり前なので自分では長所だと気付かない場合もたくさんあります。

例えば私の例を挙げます。

私はそれこそ自分では何一つ得意だと言えることがないと思っていました。
ですが、「週末フリーランス養成講座」の運営サポートとして、参加者との事前のメール連絡や当日の進行補助、SNSでの広報等の役割をしていたところ、それらの事務対応が細かな気配りをしながらできていて素晴らしい、と主催者に褒めてもらったのです。

私としては、すべてOL時代に当たり前にやっていたことをやっていただけでした。
むしろ、OL時代はそれらも他の得意な人と比べれば自分には向いてない、と自信をなくしていました。

それが、周りにきちんとしたビジネス対応ができる人が少ないこともあってか、自分の何気ない対応が強みとなったのです。

このように、畑が変われば重宝されるスキルもたくさんあります。

ぜひ周りの人に自分の良さや魅力を聞いてみてください。
きっと自分では気が付かない強みを発見できるはずです。

フリーランスによくある不安③将来への不安

会社員と違ってフリーランスの場合、1年先、もっと言えば1ヶ月先の予定も未定であり、収入の保証もありません。
今はなんとか稼げてるから良いけど、来年は一体どうなっているんだろう…と不安に感じることもあるかもしれません。

しかし、将来が不安定という意味では今の時代では会社員だって同じです。
日本を代表する大企業が次々と経営破綻に追い込まれている現代においては、むしろ会社に所属していることに安心しきって自分のスキルを磨かずにいて、会社が潰れた途端に何もできなくなるリスクの方が高いといえるでしょう。

対処法:まずは着実に自分自身のスキルを磨くことに集中する

なので長い目で見れば、将来自分自身の力やスキルに繋がることを今精一杯学んで習得した方が、会社などの自分ではコントロールできない要因によって働けなくなるリスクを防ぐことができます。

大切なのは、初めは1円でも良いので自分個人の力で稼げる力を身に付けることです。
それが少しずつ自信となり、思いもよらない仕事や人との繋がりに発展していく可能性だってあります。

まずは着実に自分自身のスキルを磨くことに集中しましょう。
そうすれば結果は後からついてきます。

フリーランスによくある不安④モチベーションが続かない

一人でフリーランスとして活動していると、自分の気分やモチベーション一つで仕事の生産性に影響が出てきます。
調子が良い時は良いのですが、なんだかやる気が起きない時や疲れてしまう時も人間なのであると思います。

そんな時の対処法は2つあります。

対処法①:思い切って休む

とにかくやる気が出なかったり、ネガティブになってしまう時は、頑張ってる人を見たり自己啓発のような内容を取り入れるのは逆効果になりやすいです。
余計にできない自分と比べて落ち込んでしまうのでやめましょう。

そんな時は、とにかく思い切って休む!に限ります。
ひたすら寝たり、好きな本を好きなだけ読んだり、気分転換にお出かけや旅行に行くのも良いかもしれません。
とにかく仕事や不安に思ってることはすべて忘れて、リラックスすることをオススメします。

タイプにもよりますが、人は焦ってる状態では良い仕事はできません。
まずは自分が安心できて気分が良くなることをして、良い状態に戻しましょう。
そうすれば自然と仕事をしたくなったり、アイデアが浮かんだりするはずです。

対処法②:同じように頑張ってる人がいる環境に身を置く

①の状態よりももう少し前向きになれそうであれば、周りに頑張っている人がいる環境に触れましょう。
例えば、フリーランス同士が集まるコワーキングスペースで仕事をしてみたり、意識の高い人たちが集まるオンラインサロンに参加してみるのもとても良いと思います。

自分以外にも、同じように試行錯誤して頑張ってる人がいるんだ、と思えば自然と自分もがんばろう!と思えてくるはずです。
また、そのような人たちと交流したり情報交換するだけでも有益な時間を過ごせるでしょう。

不安を解決する近道の1つ「田舎フリーランス養成講座」

今回はフリーランスの人が感じやすい不安とその対処法をお伝えしてきました。

  • 収入に対する焦り
  • 周りと自分を比べてしまう
  • 将来への不安
  • モチベーションが続かない

上記に挙げた対処法はぜひ試してみてほしいのですが、これらの不安を解決するサポートをしてくれるのが「田舎フリーランス養成講座」です。

田舎フリーランス養成講座では知識だけでなく、切磋琢磨できる仲間や田舎でしか経験できない面白いワークショップ、その日から稼げるスキルなど、フリーランスになる為に必要なことを全て学べる内容を体験できます。

特に、私自身も1ヶ月の講座を終えた今でもここで得た仲間との励まし合える関係に支えられていたり、仕事に繋がったりしているのでとても助かっています。

フリーランスとして一人で悩む前に、ぜひ田舎フリーランス養成講座で一人では経験できない学びや仲間との繋がりを得てほしいと思います。