就職したけど疲れた!もっと自由になりたい人におすすめしたいフリーランスの働き方とは? – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
就職したけど疲れた!もっと自由になりたい人におすすめしたいフリーランスの働き方とは?

朝早起きして、満員電車に揺られて夜遅くまで働く毎日を送っていませんか?

「上司が残業してるから帰りづらい…」となんとなく残業する空気になる会社。

そんな会社ばかりではないけど、わたしが働いていた会社は今思い返せばあきらかにブラック企業でした。

小さな縦社会に揉まれ、先輩や上司からも理不尽な理由で頭ごなしに怒られて、

そして夜は帰ってからも仕事を持ち帰りサービス残業をする。

わたしはそんな働き方に精神的にやられ鬱になり、3年間務めていた会社を辞めました。

「もっと好きに生きよう!」 とシンプルに思ったんです。

今では、フリーランスになり「自分が働きたい時に働く、休みたい時に休む」という自分に合った働き方に出会えました。

満員電車に揺られずに、朝たっぷりと寝て好きな時間に起きて自由に仕事できたら…と思うだけでわくわくしませんか?

でもそもそも「フリーランスの働き方ってどうなの?ちゃんと稼げるの?」と不安に思う人もいますよね。

今回は今の働き方に思い悩んでいる人に

  • フリーランスとしての働き方とは?
  • フリーランスってどうなればいいの?
  • フリーランスのメリット・デメリット

こちらについて、会社員を辞めてフリーランスとして働いている、私まちゃこ(@macha_tabi15)が実体験も入れて解説します。

「もっと自由に働きたい!」と思っている方はぜひ読んでみてくださいね。

そもそもフリーランスってなに?

簡単に説明するとフリーランスとは、「会社や企業団体などに属せずに、自分で専門スキルを持って働くプロ」です。

「場所にとらわれず自由に働きたい」という人が増えてきているので、フリーランスの働き方がどんどん注目されてきていますね。

最近では「新卒フリーランス」や「休学フリーランス」という言葉をよく耳にします。

わたしの周りにいるフリーランス仲間の中にも、就職するのが嫌で「自分で仕事がしたい!」とフリーランスになる大学生や新卒の人もいてますよ。

フリーランスってどんなお仕事があるのか?

フリーランスといっても、働き方や仕事は様々です。

よくあるフリーランスの働き方がこちら

  • エンジニア・プログラマー
  • Webデザイン
  • ライター
  • 投資家
  • ブロガー
  • アフィリエイター

ブロガーなどはよく聞いたことのある方も多いかと思います。

基本的にどれも「ネット上でパソコンがあればどこでも稼げるお仕事」です。

フリーランスとしての働き方のメリット

フリーランスのお仕事がどんなものかわかったところで、フリーランスの働き方としてのメリットとはなんでしょうか。

気になるメリットをあげてみると・・・

  • 場所にとらわれずに自由に働ける
  • 主婦でもPCがあれば家でできるので家事との両立がしやすい
  • ちょっとした副業にもなり小遣い稼ぎができる
  • 頑張った分だけ収入が上がる
  • 自分のペースで働きやすい

ということですね。
会社で働いている場合、「何年も働いていても給料がなかなか上がらない・・・」ということもありますよね。

フリーランスで働くと自分でがんばった分だけ収益が上がります!

また、仕事によっては1人で作業をすることが多く人と触れ合う機会が減るので人間関係で悩んでた人にはいいかもしれません。

フリーランスとしての働き方のデメリット

では、逆にフリーランスとしてのデメリットとはあるのでしょうか?

  • 収入は自分次第であり不安定
  • 保険や年金、お金のことは全て自己管理
  • 人との関わりが少なく孤独に感じることも
  • 自由に働ける分しっかりと自己管理しないといけない

フリーランスになってわたしが一番面倒に感じたのは「身の回りのお金」ですね。
会社で働いていると年金、保険、税金も会社がやってくれますがフリーランスは全て自分でしなくてはいけません。

確定申告も自分でしなくてはいけないので慣れるまでは大変です!

また、みんな口を揃えて言うのが「1人で仕事をするので退屈でもあり、孤独を感じる」ということ。
働き方によっては、社会から少し離れるので職場の人間関係がなくなり1人で働く寂しさを感じる人もいています。

何事もバランスが大切ですね・・・。
わたしは、独立して1人で作業するのは正直飽きますし寂しいので積極的にコワーキングを利用して作業するようにしています。

フリーランスって稼げるの?さくっと稼ぎたいならライターがおすすめ

フリーランスとしての稼ぎ方はたくさんあります。
例えば、webデザインや、プログラミングなどのお仕事は報酬は高いですが、クライアントさんとのやりとりや、案件を獲得するまでの道のりが長いです。

「スキルが特にないけど、自分で稼いでみたい!」というひとにおすすめしたいのがライターのお仕事。

ライターのお仕事にも種類はたくさんありますが、比較的にすぐできるのがwebライターです。

わからないことがある時にインターネットで調べますよね。
そうした時にでてくるWebの記事を書くのが、webライターの基本的なお仕事です。

ライターって誰でもできるの?

結論から言うと向き不向きはありますが、大体誰でもできると思います。

よく「わたし文章かけないから・・・」という人いますが、「TwitterとかFacebookで文章書いているよね?じゃ大丈夫だよ」と言いたくなります。(笑)

そもそもわたしが、もともと文章書かない、読まないとライターとは無縁すぎる人間だったからです。

そんなわたしが今こうやってライターとして生計を立てて、海外ノマドの夢が今叶っています。
自分でも驚きです。

自由が手に入れたことが何より嬉しいです。

なので、やればできると思いませんか?(笑)いや、やればできるんです!

もちろん向き不向きはありますし、正直最初は慣れるまで気合でもあります。

最初は文字を打つこと自体なれなくて、時間がかかり大変でした!

1000文字打つのに、3時間かかり「これバイトした方が稼げるやん…」と凹むことなんてたくさんありました。

何事も継続は力!ライティングは続けていけば稼げるようになった

海外ノマドを実現させたかったので諦めずに続けると打つ早さも早くなり要領がわかっていき、2ヶ月目からライティングで月給およそ10万円稼げました。

継続はやっぱり力なんですね。

それも毎日8時間がっつり書いているわけでなく、好きな時間に起きてゆったりと働いていただけなのにです。

そもそもネットで1円でも稼げたことに感動しました!

わたしと同じタイミングでスタートしたライターの人で、2ヶ月目で20万円を稼いだ超人もいます。
彼は大学に通いながら隙間時間にライティングを書いて20万円も稼いでるんです!

凄くないですか…?

ライティングで20万くらい稼ぐって結構真面目にやればすぐにできちゃう人がたくさんいます。
なので、「資格が無いけどなにかやってみたい!」「即金性があるものがいい」という方はひとまずライターのお仕事がおすすめです。
副業としてもライターは最強ですよ!

ライティングの稼ぎ方

「どこからライターの仕事を探したらいいの?」と疑問に思いますよね。

わたしは、今ランサーズやクラウドワークスなどを使って主にお仕事をしています。
ランサーズ、クラウドワークスとは、仕事を受注したり発注したりすることができ、フリーランスには欠かせない有名なサイトです。

クラウドソーシングでの仕事の流れ

まずは、ランサーズやクラウドワークスでプロフィールを充実させましょう。
わたしは、仕事の探しやすさと量から特にランサーズを使っています。

その後、

①仕事を探す
②書きたいと思ったところに提案をする
③受かったら執筆ができる

この提案が自分を売り込む営業でもあるのでとても大切です。
自分の経験を生かして素敵な記事が書けますよとクライアント側に営業をかけると受かりやすくなります。

こういった営業方法は、後ほど紹介するいなフリで教えてもらいます。

ライティングの報酬

基本的には「文字単価」か「記事の単価」で報酬がもらえます。

1文字1円の文字単価の記事を3,000字書くと3,000円の報酬。
3,000円の記事を10記事書くと3万円もらえます。

記事の内容は本当に様々で、好きなジャンルを選ぶことが出来ます。

わたしは、最初は文字単価が0.5円から始めましたが、それが1円になり…1.3円になりとやればやるほど、早く書けるようになるし文字単価も上がってくるのでやりがいがある仕事なんです!

できることなら1文字1円からスタートすることをおすすめします!

クライアントに認めてもらえるようになってきたら、時期を見てどんどん単価交渉していきましょう。

普通の会社で働いていたら給料が上がるのなんて、なかなか難しいし時間がかかりますよね。
フリーランスなら自分で仕事が選べるので報酬も自分のがんばり次第なんです!

フリーランスのスキルをいち早く身につける方法!

そもそもライターで稼ぐなんて発想は半年前までありませんでしたし、検討もつきませんでした。

でも、「場所にとらわれず自由に働きたい!」「日本の縦社会や人間関係から抜け出したい!」
と思い悩み検索してたどり着いたのがフリーランスとしての働き方。

わたしの場合は、PCのスキルが全くないところからのスタートだったので、自力でWebの知識を身につけるのは難しいし挫折しそうだと思いました。

そこでたどり着いたのが「田舎フリーランス養成講座(いなフリ)」

いなフリでは、田舎で独立するために必要なスキルを身につけるための講座が受けられます。

いなフリのことを知った後、受講生の感想などを調べて「これはなんだか良さそう!」
「今の私に必要だし、やりたいことが見つかるかも!」と即決で申し込みました。

わたしのように「パソコン自体あまり触ったことがなくて苦手だし、1人で調べて仕事をする自信がない・・・」

という方は初心者の方にも丁寧に、ネットで稼げるノウハウを教えてもらえるのでおすすめですよ!

クラウドソーシングの使い方もしっかりと教えてもらえますよ。

実際に「いなフリ」に参加してみた

(パソコンの使い方を教え合う仲のいい17期生たち)

いなフリでは、金谷17期生として参加しました。
20〜50代まで年層が幅広く、男女の比率も同じぐらい。

もともとPCスキルの高い人もいれば私のようにやったことのない人もいるという本当にばらばらの印象です。
講師は実際にフリーランスとして活躍されている専門スキルの高い人たちで、講座内容は偏りなく充実しています。

フリーランスとしてのスキルを身につけてライターとして、ぼちぼち生活費を稼げるようになってきました。
早くスキルを身につけられたのはいなフリのおかげですね。

特に仕事の提案の仕方や営業方法、単価交渉などもしっかりと教えてもらえるのでこれが今でも役立ってます。
1人でライターを始めることももちろんできますが、技術的なこと以外にも営業などの部分も教えてもらえるのは大切ですよね。

実践で学びながら身につけられるし、わからない時に教えてもらえる環境って本当にありがたいです。

自分が仕事をとりながら教えてもらるので、迷わずに最短で学ぶことができます。

いなふりに参加してできるようになったこと

  • Webの知識が0だったけど基本的な知識が身についた
  • フリーランスとしての働き方がある選択肢を知った
  • 実際に自分で仕事をとり稼ぐことができるようになった
  • フリーランスの仲間ができた
  • 自分は何者か、何がしたいのかと自分を知れる時間ができた
  • 「継続は力なり」やればやるほど知識がつき、稼げる楽しさを知った
  • 朝ゆっくり起きれる幸せ
  • 自己管理や自己責任を意識するようになった
  • 自分に合った稼ぎ方や生き方を知れた

いなフリを実際に受けて、今まで知りようもなかったたくさんのことができるようになりました!

たった1ヶ月の短い期間でしたが、いなフリで学べたことはわたしの働く考え方を大きく変えました。

そしてなにより一緒に頑張ろうとする「仲間」ができました。

「会社で働くのが辛い・・・」と思ったらフリーランスになるのもあり!

わたしは「フリーランスという働き方」を知るまで、働くには必ず社会に属さなければならないと思っていました。

社会に適応できない自分がすごくつらくて、「自分は役立たずだ」「もう嫌だ、働きたくない!」と思い悩んだこともたくさんあります…。

でも必要なスキルを身につけてフリーランスになったことで、社会に属さなくても自分で稼げる術を知れました。

「こんな働き方もあるんだ」と生きやすくなったんですよね。

「息が詰まって生きるのがしんどい」、「自由に生きたい」と思い悩んでる人って他にもたくさんいると思います。

そんな人たちが違う働き方として、「フリーランス」という生き方があるということを知れればいいな。

そしてフリーランスとして自分にあった働き方を見つけて、少しでも生きやすくなれたら嬉しいです。