田舎フリーランス養成講座統括紹介【5月鯖江】森一貴 / ディレクター – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
田舎フリーランス養成講座統括紹介【5月鯖江】森一貴 / ディレクター

田舎フリーランス養成講座の統括・講師を務める森一貴の紹介記事です。
 

プロフィール

 
1991年山形県生まれ。東京大学を卒業後、コンサルを経て福井県鯖江市へ。
「社会に自由と寛容をつくる」がテーマ。
 
「変化していけるための小さな階段をつくる」というアプローチで、ゆるく地方に住み人生を問い直す実験「ゆるい移住」や、多様な生き方に出会う「生き方見本市HOKURIKU」などを手がける。ローカル・ソーシャル領域の右腕役としても活動。音楽が好き。
 
Twitter:@moririful
ブログ:タマノモリ
 

実績

・ゆるく地方に住む。「ゆるい移住」ディレクター
・多様な生き方に出会う「生き方見本市HOKURIKU」事務局長
・職人と出会う福井の体感型マーケット「RENEW」プロジェクトマネジメント
・探究型学習塾「ハルキャンパス」代表
 

得意な指導内容

ロジカルシンキング
汎用スキルとして、ものごとの細分化/再構築(具象化/抽象化)を教えています。自分の悩みや社会課題などを整理し言語化することで、踏み出すべき方向性を見定めたり、現状を整理して見通しをよくしたりといったことができるようになります。

タスク/スケジュールマネジメント
たくさんのタスクを分類し、期限を定め、優先度付けしていくスキルです。自分の仕事に見通しをたて、メリハリを付けて期限通りにタスクを処理することができるようになります。

ドキュメンテーション
提案資料や事業概要書などを制作するスキルです。相手目線で、端的で魅力的な提案を行うことができるようになります。

フリーランスを目指すうえで、大事にしてもらいたいこと

自分に嘘をつかないこと
嫌だなと思ったことからはきちんと距離を置く。違和感があるなら、逃げずに向き合う。素敵だなと思える人と、素敵だなと思える仕事をする。自分に嘘をつかないで生きること。

ちゃんと人間として仕事をすること
私たちは仕事をこなす機械じゃない。合理性を担保しつつも、人間としての相手と、人間としての自分として仕事をすること。愛おしさや弱さを認め尊重しあうこと。

こんな人と一緒に成長したい!

・もやもやしがちな人。ずっと考えてしまうひと。
・自由な社会とか、寛容な社会みたいな言葉に惹かれるひと。

受講生へのメッセージ

こんにちは。森一貴です。

ずっと、どうやったらみんなが幸せになれるか、を考え続けてきました。その結果、いまはフリーランスとして"社会に自由と寛容をつくる"ために、少しずつ歩みを進めています。

そんな僕から伝えたいのは、「僕たちは自由でいい」ということです。
僕たちは、やりたいことには、挑戦することができる。いつでも変わっていくことができる。自分たちのありたいように生きることができる。

田舎フリーランス養成講座は、そんな「僕たちは自由だ」という確信を得ることができるプログラム。みなさんの人生にとって、きっと大事な一歩目になるだろうと思っています。

一ヶ月間。ぜひ一緒に、思いっきり生き方に向き合いましょう。
 
 
森一貴は次回、【5月鯖江】で統括・講師を務めます!
参加希望者は以下より詳細をご確認の上、お申込みください。
 

 

講師参加回一覧

鯖江5期(統括、講師)