フリーランスの名刺に必須の情報を解説。良い名刺に載っている情報とは? – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
フリーランスの名刺に必須の情報を解説。良い名刺に載っている情報とは?

さまざまなカテゴリのデジタル化が進んだ現在でも、紙でできたアナログな名刺は、ビジネスの現場における「営業ツール」として重要な役割を担っています。特に、組織に属さないフリーランスにとって、クライアントへ印象を残し、新規案件の獲得へとつなげるための名刺は必要不可欠なものといえるでしょう。

ただし、会社員と違う点として、フリーランスの場合、自分の名刺に載せる情報やデザインは自分で全て決めなくてはなりません。これでもかと言うほど情報を詰め込んだ名刺を刷ってもいいし、アート感を強調したスマートかつシンプルな名刺に仕上げてもかまいません。この自由度の高さと呼応する「名刺にどういう情報を書いておけばいいのか」という問いは、多くのフリーランスが最初に悩むことでもあります。

そこで、本記事では、名刺作りの第一ステップで必要となる「名刺に載せるべき情報」をまとめました。最低限名刺に載せておきたい情報と、個人的に記入しておくといいんじゃないかと感じている情報とをまとめ、それぞれなぜ必要なのかも含めて解説していきます。

名刺に載せる情報に正解はない

はじめに言っておくと、名刺に載せる情報に別段決まりごとはありません。極端な例で恐縮ですが、紙にボールペンか何かで名前と連絡先を書いて渡せばそれで「名刺」としての体は成せます。しかし、そのような名刺では、あなたの人物像や仕事内容はイメージしづらく、結果として数ある名刺の中に埋もれるだけになってしまうでしょう。そうなれば、あとは名刺整理の際に廃棄されるのを待つばかりとなります。

一方、肩書や実績、得意な仕事などが情報としてまとめられた名刺を渡していたとしたらどうでしょうか。前者と後者の名刺を比較した場合、後者のほうがクライアントから得意な仕事を振ってもらいやすくなるというのは、想像に難くないかと思います。

このように、名刺に載せる情報ひとつで、仕事への結びつき方は如実に変わってくるものです。名刺を見たクライアントに、自分が手がける仕事への気概が伝わるような、そんな情報を載せておくよう心がけましょう。

名刺の表面に載せる情報

では、フリーランスの名刺にはどんな情報を載せるべきなのでしょうか。名刺に載せる情報は、「必須の情報」「伝えたい情報」の2種類に分けて考えると、どんな構成にするかが絞り込みやすくなります。

名刺の表面に載せる情報は下記の通りです。

  • 名前・ペンネーム
  • 肩書き
  • 住所
  • 電話番号(FAXもあれば)
  • メールアドレスやURL
  • SNSアカウント

では、詳しくみていきましょう。

名前・ペンネーム

本名、あるいはペンネーム、どちらでも構いませんので書いておきましょう。女性の場合は旧姓を使用する方も多いようですが、基本的にどのような名前を名乗るかは自由です。

肩書き

フリーランスの名刺の場合、肩書きは特に目を惹きやすい箇所です。自分が名乗る肩書きは、少しばかりアレンジを加えておくと営業ツールとしての名刺に磨きがかかるでしょう。

特にアレンジを加えず、「デザイナー」「ライター」など、自分の業種をシンプルにあらわすだけでも問題はないのですが、具体的に何をしているのかはイメージしづらくなります。これを改善しようとする場合、たとえば、単に「ライター」と書くよりも、「○○(得意分野)特化ライター」などのほうが、印象に残りやすい肩書きになりますね。

コツとして、奇をてらいすぎず、かつ手がけている仕事が伝わりやすいような肩書きをイメージするようにするとよいでしょう。

住所

名刺を見た際、きちんとした住所が記載されているか、いないかという点に対して感じる、信頼感の違いは案外侮れません。そのため、クライアントに渡す名刺には必ず住所を記載しておきましょう。もし、自宅で仕事をしているならば、自宅の住所を記載すれば問題はありません。

ただし、一般参加者を交えた交流会など、名刺を不特定多数に配るシチュエーションの場合、生活拠点である現住所を記載することで、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。特に女性の場合、何気なく配った名刺から住む場所を特定された例もあり、名刺交換には個人情報漏えいのリスクがつきものであると言わざるを得ません。

もし、そのようなリスクを避けたい場合は、バーチャルオフィスや住所利用可のコワーキングスペースなどを利用して、自宅とは異なる住所を記載するとよいでしょう。あるいは、住所未記入の名刺を「一般配布向け名刺」として別に用意しておくのも手です。

電話番号、FAX番号は必要?

電話は最も普遍的な連絡手段となります。基本的には携帯電話番号が必須、もし事業用の固定電話回線をお持ちであれば、そちらも併記しておきましょう。近年では、固定電話があまり必要とされなくなってきた背景もあり、携帯電話番号のみを記載している方が多いようです。

FAXに関しては、IT化により利用頻度が年々減少しているため、記載していない方も増えてきています。もし持っているのであれば、記載しておく程度で問題ありません。

それから、住所と同じく電話番号に関しても、不特定多数に配る名刺に電話番号を記載したくない場合は、電話番号を記入していない別の名刺をつくっておくとよいでしょう。

メールアドレスやホームページURLは?

メールアドレスに関しては、意見が分かれる所ではありますが、Gmailをはじめとするフリーメールのアドレスでも、連絡が取れるものであれば大きな問題にはなりません。

ただ、印象という面においては、独自ドメインのメールアドレスを使用しているフリーランスのほうが信頼される傾向にあるようです。さらに、独自ドメインの場合、アドレスの文字数が抑えられますので、クライアントが手入力する際、簡便に入力することができますし、名刺の見た目もスッキリするなど、地味ながら他のメリットも存在します。

ホームページURLにも同じことがいえますが、メールアドレスだけなら月200円程度で取得できます。そのため、特別な理由がない限りは、独自ドメインを取得しておくとよいでしょう。

SNSアカウントは載せるべき?

現在では、SNSも重要なブランディングのツールとなりますし、ビジネス向けにSNSで発信している場合、SNSを経由した仕事の依頼も珍しくありません。SNSアカウントをお持ちの場合は、各種SNSのIDも載せてアピールしておくのもよいでしょう。

 

名刺の裏面に載せたい情報

上記の5項目は必須の情報として記入しておくべきですが、こちらは余裕があれば入れておきたい情報です。コツとして、1項目あたりの情報量はしっかりと厳選するようにしましょう。なぜなら、どのようなレイアウトにするかで、スペースの余裕も変わってくるためです。

仕事の実績

名刺に実績を書いておくことで、「こんな仕事ができる」という直接的なアピールになり、似た仕事が来る可能性は上がります。とはいえ、実績が多いからといって、紙面の許す限りそれらを書き連ねるのは考えものです。最もアピールできそうな実績を2~3件チョイスし、スマートに綴っておくのがベスト。

自分のできること

フリーランスであれば、クライアントに自分のできる仕事が伝わるよう「何ができるのか」「どういったものが作れるのか」という情報は必ず入れておかなくてはなりません。

肩書だけでは伝わりにくい情報を織り込むことで、名刺を見た方にあなたの仕事がより伝わりやすくなります。

趣味や特技

名刺は、相手の情報を読み取り、その場で新しい会話へ発展させるためのコミュニケーションツールにもなります。名刺を渡したあと、話題を探すように名刺の裏面を確認してしまう方も少なくないのではないでしょうか。

もし、こうした場面で自分の名刺に趣味や特技など、プライベートの人柄が把握できそうな情報が名刺の中に含まれていれば、会話のキッカケとなり、円滑にコミュニケーションを取れる場合があります。このように、ビジネスに関係のない、人柄を感じさせる情報を盛り込んでおくのも、あなた自身を印象づけるための有効な手段となります。

名刺は複数作ってもOK。シチュエーションに応じてスマートに使い分けよう

名刺は一種類だけでなく、肩書きや住所、デザインを変更して何種類か持っておくと非常に便利です。ビジネス向けには硬派で信頼感を与えるような名刺を、クリエイター向けにはデザインにこだわり抜いたアーティスティックな名刺を用意するなど、用途に応じて複数の名刺を使い分けるとフリーランスらしさが増します。また、「住所」の項で述べた、個人情報漏えいのリスクヘッジ目的としての名刺使い分けもたいへん有効な手段です。

自分が名刺を配っていそうな場所を想定して、その場所ではどういう名刺がいいのか、イメージを膨らませてみましょう。

名刺で自分を表現し、ビジネスにつなげよう

いい名刺を作ることは、いいフリーランスになることへの第一歩です。本記事では、ビジネス向けの名刺作りで必要な点をまとめて紹介しましたが、もっと個性的な名刺を作りたい場合、ここに書かれていることをすべて無視して名刺作りに励んでもかまいません。そうした裾野の広さが名刺にはあります。

本記事では、デザイン面にまでは触れませんでしたが、フリーランスの名刺は、自分の思うデザインを自由に取り入れることができるのも、魅力のひとつであるといえます。お気に入りのデザインを携え、ぜひとも名刺づくりに挑戦してみてください。

人に渡しに行きたくなるような、そんな名刺を生み出す一助になれれば幸いです。