2017/08/14

ブログで稼ぐにはどうすればいいのか?オススメの方法やサービスを説明

ブログで稼ごうと思うなら、まずはどうすれば「稼げる」のか、そのメカニズムを知る必要があります。ブログからどうやってお金を生み出すのか?どのようにしてアプローチしていくのか?

今回は、ブログの基本的な「稼ぎ方」として、広告収入を得る方法と、活用するべきサービスについて解説していきます。

ブログで稼ぐための「収益源」

ブログで稼ぐには、まず収益源を作る必要がありますが、一般的なブログの場合は「アフィリエイト(広告)収入」などが主な収益源となります。ブログ内に広告を貼ることで、ブログの読者にクリックしてもらい、そこから収益が発生するというメカニズムです。

それでは、この「アフィリエイト収入」をどのようにして得るかを、以下で解説していきましょう。

ブログで稼ぐには?

先ほど、ブログでの主な収益源が「アフィリエイト収入」であることをお伝えしましたが、これらは当然ながら「読者」がいなければ成り立ちません。

まずは、ブログのPV(プレビュー)数の向上を目指すのが手っ取り早い目標となるでしょう。ブロガーの中には、PV数が低くとも非常に多くの収益を上げている方もいますが、PV数を増やせば収益以外にも恩恵が大きくあります。

PV数を増やすには、積極的に自己発信していき、ブログの価値を高めていかなくてはなりませんが、基本的に「王道」とされる手法はありません。ブログのPV数の増やし方など、ここで解説していない内容は、以下の記事にまとめましたので参考程度に。

ブログで稼げない人の特徴とは?どうすれば稼げるようになるのか

さらに、先ほど解説したとおり、ブログで稼ぐには広告を自分のブログに貼らなくてはなりません。PV数を増やすことも重要ですが、広告サービスそれぞれの特徴も体系的に知っておきましょう。

それでは、多くのブログで利用されている広告配信サービスを紹介していきます。

知っておきたい、ブログで収益源になるサービス4種

以下4種類が、個人ブログで使える主な収益源です。

【ブログで稼ぐ方法1】Googleアドセンス

「クリック報酬型アフィリエイト」と呼ばれる広告配信サービスで、最も有名なものがGoogleアドセンスです。母体がGoogleなので、「報酬が支払われない」などといったトラブルと無縁なのが魅力。非常に多くのブロガーに活用されているアフィリエイトサービスです。

広告を自分で選ぶ必要がなく、利用者のサイトに応じた広告を自動で掲載してくれるため、掲載が非常にお手軽です。ブログが読まれれば読まれるほど報酬も上がるというシンプルさも、多く採用されている理由のひとつでしょう。

それでは、このGoogleアドセンスの稼ぎやすさや報酬について、チェックしていきましょう。

稼ぎやすさ・報酬

Googleアドセンスの報酬は、クリック単価(1クリックあたりいくらか)によって決められています。そのため、アクセス数が高ければ高いほど、報酬も上がっていくというメカニズムになっています。

また、一般的に、アドセンスのクリック率は、サイトのPV数の10%程度といわれています。月間10万PVであれば、おおよそ1万PVが収益となるという計算です。

総評として、Googleアドセンスは「稼ぐためのハードルが低く、収益を生むこと自体は容易。しかし、多くの金額を稼ぐにはハードルが高い」というスタンスのアフィリエイトです。メインの収益源とするには物足りないものの、どんなサイトにもマッチするため、導入しておいて損はないでしょう。

【ブログで稼ぐ方法2】Amazonアソシエイト・楽天アソシエイト

ASPの一種で、Amazonまたは楽天で販売されている商品を、自身のサイト上で広告として紹介できるアフィリエイトです。収益が発生した時点で、自身のブログを経由して一定の紹介料が支払われるという仕組みとなっています。

後述する「A8.net」をはじめとするASPとの大きな違いは、Amazonや楽天にある商品であれば、どんなものでも自由に紹介できるという自由度を持つ点。趣味系のブログでも、記事のテーマに応じた商品を紹介できますので、柔軟性や取り組みやすさは「Google アドセンス」に引けを取りません。

稼ぎやすさ・報酬

商品をレビュー、または紹介しなくてはならないため、その分の工数はかかりますが、うまくレビューできれば多くの収益が見込めます。そのため、稼ぎやすさとしては自由度も含めて上位に位置すると考えてよいでしょう。

注意点として、楽天アソシエイトは基本的に「販売価格の1%」、Amazonアソシエイトは「販売価格の2~8%」が紹介料として支払われます。この利率差を鑑みて、楽天アソシエイトを中心に商品を紹介する場合、利率の低さから多くの商品を売る必要があることには注意しなくてはなりません。

【ブログで稼ぐ方法4】アフィリエイトASP

最後に紹介するのがアフィリエイトASPです。このアフィリエイトは、「物販系ASP」という広義のくくりで言うと、前述のAmazonアソシエイトと同じ。ですが、こちらは広告主が存在しており、紹介できる商品がある程度決まっているという点が違いとして挙げられます。

自由に好きな商品を紹介できるわけではないものの、「サービス契約」や「アプリダウンロード」など、物品以外の案件もあり、かつ報酬も高めに設定されているのが魅力です。

稼ぎやすさ・報酬

安定して稼ぐには「専用サイトの構築」や、「適切なセールスライティング」など、やるべきことが多く、ハードルは決して低くありません。

ですが、一度安定して収益を生み出すことができれば、成約率や承認率の高さから、長期に渡って稼ぐことができるアフィリエイトでもありますので、「稼ぐためにはノウハウの蓄積が必要、しかし非常に収益率は高い」ジャンルであるといえます。

まとめ

ブログで稼ぐには、上記で解説した広告収入だけではありません。専門性の高い記事執筆依頼、知名度を活かしたコンサルタントなど、ブログの実績に応じてさまざまな収益を得られる可能性が広がっています。

重要なのは「ブログを書き続ける」こと。あなたの収益が向上することを願っております。


近藤 フミヤ

Googleの尻を追いかけるお金のライター。愛媛県出身です。▶キャッシュレス・仮想通貨記事を中心に『クラウドワークス』メインで文章を書き散らしています。▶得意ジャンルはお金関係のこととガジェットです。生命線は猫。▶ブログやっております。https://freenyance.com