「更新してもアクセスが増えない」間違っているブログ運営方法とは? – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
「更新してもアクセスが増えない」間違っているブログ運営方法とは?

ブログは自分のやっていることや考えなどを発信するにはとても良いツールです。
これだけWebやSNSが発達している現代において、今や誰もが自分メディアを持つことができ、その最も効果的で気軽に始められるものがブログだと言えます。

ただ、やみくもにブログを書いていてもなかなか多くの人に見てもらうことは難しいものです。
せっかく頑張って書くならたくさんの人に見てもらいたいですし、ブログを使って収入を得たいと思っているなら尚更です。

しかし、「毎日地道に更新しているのになかなかアクセスが増えない…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はブログのアクセスに伸び悩む人が陥りやすい9のポイントとその解決策を解説します!
このポイントを意識してぜひ自分のブログを見直してみましょう。

1.ただの日記になってる

ブログ初心者の方に多いのが、記事の内容が単なる自分の日記になってしまってるパターンです。

例えば、「今日は新宿でランチにハンバーグを食べて美味しかった〜」などのような内容です。

自分のことを全く知らない第三者にとって、自分の単なるプライベート情報はどうでも良いことです。
そうではなく、誰かに読んでもらいたいならその人にとって「読んで良かった」と思われる内容でなければアクセス数は増やせません。

上記の例なら具体的なお店の場所やランチの値段を書くなど、少しでも読者にとって有益な情報を与えられる内容を心がけましょう。

2.読者の疑問や悩みを解決するような内容になってない

上記の1に関連するのですが、アクセスが増えるブログ記事の基本は以下のような内容であることです。

  • 読者の疑問や悩みを解決するような内容
  • 読者の背中を後押しするような内容

自分が読者になったつもりで考えてみると分かりやすいと思うのですが、あなたがついつい読んでしまうブログとはどんな内容でしょうか?

例えば、洗濯機が壊れてしまって原因が分からない時。
ネットで必死に検索した結果、「洗濯機故障の症状と直し方」のような記事があったら読みたくなるはずです。

もしくは、会社員の仕事が嫌で辞めたいと思ってるけど不安で辞められない時。
同じような境遇から会社を辞めてフリーランスになった手法が具体的に書かれているブログがあれば思わず読んでしまいますよね。

そんな風に、自分の記事が読者の悩みを解決していたり、背中を押しているような内容かどうか今一度見直してみましょう。

3.届けたいターゲットが明確になってない

これも恐らくできていない人が多いです。

ターゲットは具体的であるほど良いです。
なぜなら、ターゲットが定まっていないとブログに書く内容が毎回ばらばらになってしまいがちで、初めて見た人が何について書いてあるブログなのか分かりにくくなってしまうからです。

例えば、毎回必ず5分でできる料理の簡単レシピについて書かれているブログであれば「このブログを読めばレシピについて知れる」という認識ができる為、どんなブログか分かりやすく、継続して読まれる可能性も高まります。

ターゲットを定めるには、どんな人に自分のブログを読んでほしいのか、もしくは刺さるのかを細かく設定します。

とにかく具体的に一人をイメージできるくらいにターゲットを定めたら、あとはその人に向けて届けるつもりで記事を書いていけば、読者に刺さる記事になります。

4.そもそも記事数が少ない

アクセス数が少ない原因の一つとして、そもそもまだ書いている記事が少ないということがあります。
特にブログを始めたばかりの段階では、ネットで自分のブログを検索をされることはほぼないので、とにかく量をたくさん書いて母数自体を増やしていくことも大切です。

5.更新頻度が少ない

同じく、更新頻度がそもそも少ないブログも固定の読者を得ることは難しいでしょう。

例えば、いつやっているか分からないパン屋さんより、毎日必ず営業していて、安定しておいしいメニューを提供してくれるパン屋さんの方が行きたくなりますよね?

ブログは自分のお店だと考えて、できるだけ毎日営業するようにしましょう。

6.SNSなどで拡散してない

特に始めたばかりのブログはネット上での認知度が低いため、自分からどんどん拡散しない限り読んでもらえる可能性はほとんどありません。

恥ずかしからずに、ブログを書いたら必ずTwitterやFacebookなどのSNSで拡散しましょう!

特にTwitterはインフルエンサーに拡散してもらえれば一気にアクセス数が見込めるので、インフルエンサーの目に留まりやすいキーワードや内容を狙って記事を書くことも戦略の一つです。

7.文章が読みづらい

大前提ですが、そもそも読みにくい文章になってませんか?
日記とは違い、ブログは誰かに読んでもらうことを前提とした文章であることが必要です。

  • 適切な見出しはつけられているか?
  • 文章ばかりではなく適度に写真も入っているか?
  • 重要な箇所は太文字にするなど読みやすいビジュアルになっているか?
  • 結論や要点が分からないダラダラした文章になってないか?

など、ブログでは多くの人に読んでもらう為の工夫がたくさん必要です。

人気ブロガーなどの分かりやすいブログの書き方を紹介している記事などを読んで、文章の書き方を学びましょう。
また、日頃から上手な人の記事をたくさん読んでどういう書き方をすれば読みやすいか?などを研究をすると良いでしょう。

8.SEO対策がされてない

SEOとは「検索エンジン最適化」の略で、簡単に言うと自分のサイトがネットで検索されやすくするための対策、という意味です。

つまり、このSEO対策がしっかりできていればネットで検索した時に自分のブログが上位に表示されやすくなり、結果として多くの人の目に触れる為、アクセス数が増えるという仕組みです。

SEO対策にはポイントがあるので、ぜひ色んな人が書いたSEO対策の記事を読んで研究してみましょう!

一番の近道は、自分が書きたい記事のキーワードを実際にネットで検索してみて、すでに上位に表示される記事の内容を全て網羅するのと、プラスαの情報を付け加えることです。

「ブログは後出し」と言われるほど、実は後から同じような内容を書く方がそれを上回る内容の記事を書きやすいのです。

9.書いている記事の内容やキーワードの競合が多すぎる

例えば、「フリーランス」というキーワードに対して検索で1位を取るにはすでにある「フリーランス」というキーワードを含む全ての記事を上回る内容を書かなければいけません。

しかし、キーワードを例えば「フリーランス 開業届」など複数にした場合、その両方を含む他の競合記事は少なくなる為、ライバルが減るという訳です。

なので、初めのうちはキーワードを3つほど設定して記事を書くことをおすすめします。
また、あらかじめ自分が書きたい記事のキーワードを検索してみて、どれくらい同じ内容の他の記事があるのかを必ずチェックしましょう。
その際に、ある単語の検索されている量を調べることができる「キーワードプランナー」などのツールを使うと効率よくキーワードの設定をすることができるのでぜひ活用しましょう。

まとめ

「ブログを更新してもアクセスが増えない」と悩んでいる人が陥りやすい9つのポイントをご紹介しました。

1.ただの日記になってる
2.ユーザーの疑問や悩みを解決するような内容になってない
3.届けたいターゲットが明確になってない
4.そもそも記事数が少ない
5.更新頻度が少ない
6.SNSなどで拡散してない
7.文章が読みづらい
8.SEO対策がされてない
9.書いている記事の内容やキーワードの競合が多すぎる

上記のように、ブログは読者の人が読んでメリットを感じなければ読んでもらえる可能性は低く、アクセス数は増えないでしょう。

ぜひこれらのポイントに気をつけてブログを書いてみましょう!
人気のあるブロガーのブログをたくさん読んで、読みやすい文章を研究するのもおすすめですよ!