素人でもWebサイト作成で稼げるようになった!田舎フリーランス養成講座はオススメです! – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
素人でもWebサイト作成で稼げるようになった!田舎フリーランス養成講座はオススメです!

こんにちは、田舎フリーランス養成講座(通称:いなフリ)8期生の西原と申します。
僕はいなふりが終わった後もまるもに滞在し、主にLP作成、ワードプレスでのサイト開発、たまにライティングなどをして生計を立てています。

いなフリを受ける前はwebサイト作成のことなんて何も知らなった僕が、どのようにしてサイト作成スキルを身につけたのか?、今回はそのフローをご紹介していきたいと思います。

田舎フリーランス養成講座とは?


田舎フリーランス養成講座、略して「いなフリ」。

海と山に囲まれた千葉県富津市金谷でその講座は行われています。
この講座では田舎暮らしを体験しつつ、フリーランスとして必要なwebスキルを学ぶことができます。

いなフリでは毎回10人程度の参加者がいて、「フリーランスになりたい!」同じ志を持った仲間を見つけられるのも大きな魅力といえます。
開催地のコワーキングスペース「まるも」には、いなふり卒業生で既にフリーランスとして活動している先輩方が沢山いますので、分からないことはすぐに質問し解決する環境が整っています。

自然に囲まれ、フリーランスを目指している仲間に囲まれ、フリーランスの先輩方に囲まれる「いなフリ」は、フリーランスを目指す方にとってこれ以上ない環境といえるでしょう。

田舎フリーランス養成講座で学んだこと

いなフリでは、webに関するあらゆることを学ぶことができます。

ブログ運営、ライティング、サイト制作、アフィリエイトなどなど、その時の受講生が「何を勉強したいのか」によって、講義内容も変わってきます。

僕が参加したときはブログ運営を学びたい人が圧倒的に多かったので、講義もそれに合わせてブログに関する講義がメインでした。
講師陣はそうそうたる面々で、プロブロガーで電子書籍作家もしている藤沢篤さん、「まじまじぱーてぃー」を運営するプロブロガーのあんちゃさんにブログのことを教わりました。

期ごとに講師は変わりますが、どの講師の方もスキルを持ち合わせた現役バリバリのフリーランスの方々ですのでご安心ください。

実際にサイト作成できるようになるまで

それでは本題の「どのようにしてサイト作成スキルを身につけたのか?」についてご紹介していきたいと思います。
初学者は何から手を付けていいか分からないと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

サイト制作の基本はHTML/CSS

サイト制作をするためには、まずHTMLとCSSの知識を身につけなければいけません。

HTMLはウェブページの骨組みを作り、表示するために必要なコード。
CSSはウェブページのデザインを調整するコードです。

僕がいなフリに参加したときは、HTML・CSSって何?という状況で、本当に一から勉強を開始しました。

まず、始めたのがこの本。(通称:黒本)

いなフリを受講してサイトを作れるようになった方は、必ずといっていいほどこの本を読んでいます。
僕もいなフリの講師にこの本を薦められて、読み始めました。

サイトを実際に作りながらHTML/CSSの基本を覚えられるので、とても身になったと感じています。
解説も分かりやすく手順通りにやればお洒落なサイトを作ることもできるので、初学者にはかなりおすすめです。

HTML/CSSを覚えたら次はワードプレス

HTML/CSSをある程度理解したら、LP作成が可能になります。

ですが、ネットにあるサイトの多くがワードプレスというCMSで作られています。
ワードプレスではHTML/CSSだけではなく、PHPという言語が使われており、それらのある程度な理解ができればサイト制作の幅がひろがります。

僕は、この本で勉強しました。(通称:白本)

当時はコーディングを学んで2週間たたずだったこともあり、この本の内容が全然頭に入ってこず、あまり理解することができませんでした。
いま読めばかなり勉強になる本ではあるのですが、初学者にこの本はちょっときついと思います。

おすすめの勉強法として、自分でワードプレステーマを作ってみるのが一番手っ取り早く勉強できる方法かなと思います。

最初は分からないことだらけで頭を掻きむしりながらパソコンに向かうことになるかと思いますが、それが一番為になるのでおすすめですよ。
その勉強のリファレンスとして先ほどの白本を使うのが良いでしょう。

後は、実践の中でググって解決

HTML/CSSを理解し、ワードプレスがどのようにできているのかの概要が分かれば、あとは実践の中でググって解決していけば大丈夫です。
分からないことの大半はググったらその解決法が見つかるので、それをメモしてまとめておくと後々便利です。

次わからなくなってもそのメモを見て対応することができますし、ググったらググっただけあなただけの辞書が出来上がるので、スキルや知識のインプット・アウトプットのサイクルを効率的に回すことができます。
暇な時間はjQueryやPHPを重点的に勉強しておくと、サイト制作に対する対応能力が格段にあがると思います。

素人のぼくが「サイト制作」を受注できるように

スキルが付いたら次は案件の獲得です。
「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトを利用し、案件にどんどん応募してみましょう。
いなふりでは、案件の獲得法やそのコツなども講義として教えているので、「スキルを覚えてはい終わり」ということにはなりません。

また、まるも界隈で仕事を回す「まるもワークス」なるものがありまして、そこから仕事を得ることも可能です。
実際ぼくの仕事は「まるもワークス」のつながりから受注することがほとんどです。
いなフリが終わっても身につけたスキルを生かせる場所があるというのは、駆け出しフリーランスにとってとても良い環境だと感じています。

月に15万以上稼げるようになった

僕自身そこまでガツガツ働いているわけではないのですが、先月は17万ほど稼ぎました。
予定では25万だったのですが、別案件との兼ね合いで案件が後ろ倒しになりましてこの価格に落ち着きました。
いなフリを受講する前は、会社に属すかアルバイトをする、この2つのこと以外でお金を稼ぐイメージを持っていませんでした。

ですが、実際いなフリを受講し駆け出しフリーランスとして働いてみると、何も分からない素人の状態からでもお金を稼ぐことはできるという実感が得られました。
何の才能もないパソコン音痴の僕ですらできたんです。
まるもに居れば、僕ぐらいの成果ならだれでも出せるといえるでしょう。

田舎フリーランス養成講座オススメです!

僕自身サイト制作や改修の仕事をするようになってまだ3,4か月ほどしかたっていなく、未熟な部分やわからないことも沢山あります。
ですが、それでももらった仕事はしっかりとこなすことができていると自負しています。

できるようになってから動くのではなく、動きながらできるようになる!

それが、いなフリ仕込みまるも流フリーランスの在り方です。
いまの仕事を辞めたい方、独立に興味がある方は、田舎フリーランス養成講座をぜひ受けてみてください!
あなたの人生が大きく変わるかもしれませんよ。