【8月都留】田舎フリーランス養成講座参加者募集【限定特典あり】 – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 無料オンライン相談
【8月都留】田舎フリーランス養成講座参加者募集【限定特典あり】

田舎フリーランス養成講座は、あなたの人生の選択肢を増やします。

会社や役職などの「所属する場所」から「自分自身」へと、生き方を問われる時代になりました。

これからは誰かの引いたレールではなく、ひとりひとりが自分の心地いい生き方を模索する必要があります。


会社員、フリーランス、パラレルワーカー。
これらはただの職種であり、生き方を表すものではありません。

インターネットやマスコミで取り上げられる表面上の形を追うのではなく、もっと深く自分を掘り下げてみませんか?


1ヶ月の講座は長く感じる人もいるかもしれません。
ただ一度立ち止まって生き方を見つめる時間は、長く続く人生を迷わずに進むための、貴重なチャンスになるはずです。


田舎フリーランス養成講座では現役のフリーランスやパラレルワーカーが自身の実体験をふまえ、それまでの環境では考えもしなかった生き方を提示します。


私たちと一緒に心地良い生き方を、明るく生きるための選択肢を、共にみつけていきましょう。

 

都留開催回で受講する

田舎フリーランス養成講座期間中に得られるもの

田舎フリーランス養成講座では、期間中の収益以外にも(期間中の売り上げで受講費を稼ぎ切る受講生もいます)以下の3つのメリットがあります。

・自分の力で稼ぐ経験
・心地よい生き方をみつける時間
・コミュニティと仲間

講座で得られるもの①:自分の判断で働く経験

自分の判断でクライアントワークを行うことは、ハードルが高く感じられるかもしれません。

しかしこの経験をすることで「今は会社員になろう」「今はフリーランスで活動しよう」と働き方を身軽に選ぶイメージができるようになります。

田舎フリーランス養成講座では、自分で稼ぐ力を身につけるためのサポートを全力で行います。

クラウドソーシングや直接営業で役立つ提案方法や、クライアントとのコミュニケーションなど、講師陣の経験に裏付けされたリアルなフィードバックで、2ヶ月目以降も自走可能な状態をつくります。

 

講座で得られるもの②:心地よい生き方をみつける時間

本当に実現したいことやチャレンジしたいことを自覚できている人は、そう多くありません。

田舎フリーランス養成講座では自己理解講座や日々の面談を通して、受講生が実現したい姿を深掘りします。

なぜ講座に参加したのか、なぜ稼ぐのか、なぜこのジャンルなのか。

仕事をこなしていく中で、本質的な問いが立ちはだかることもあるでしょう。
しかし、目の前のことをただこなすだけでは、目指す方向からいつのまにか大きくズレている場合があります。

一度立ち止まって自分が本当に望むものをみつけましょう。

これから歩む未来について考える時間が、ここにはあります。

 

講座で得られるもの③:コミュニティと仲間

フリーランスとして活動する人たちが一番不安になるのは金銭面ではなく「孤独」です。

1ヶ月間講師や同期と行動を共にすることで、講座終了後も時には教えあい、時にはチームとなって働くつながりが生まれます。

スキルを習得することが目的のWEBスクールとは違い、自分が戻る場所や仲間を見つけられることも、田舎フリーランス養成講座の大きなメリットの1つです。

 

田舎フリーランス養成講座(都留)参加者の声

受講生の声

会社員時代はいかに効率良く仕事を終わらせるかにしか興味を持てず、「働くのってこんなにつまらないんだ。仕事をさっさと終わらせて遊ぶのが正解だな。」と冷めていました。

しかし、いなフリで様々な働き方や考えに触れて、自分のスキルや受講中に仕事が取れたことが自信に繋がっていけました。何かあっても責任は自分にあるので、そのおかげで主体的に仕事をしていける意識が芽生えて凄く楽しいです。

【いなフリ体験記】いなフリに参加したらフリーランスになれるわけではない/蓮池ヒロさん(都留2期受講生)

講師の声

「教える」「教わる」の一方通行だけじゃない。全力でぶつかり、時に背伸びしすぎて、足がつったりしながらも(笑)お互いに刺激を与えあい、真正面からぶつかりあい、ともに成長していく。理想の”教育”のあり方(共育)を、ここにみたような思いがしています。

終わりは、はじまり 〜つるフリ5期への感謝と、決めたこと・大切にしたいこと〜ならみお(都留1~5期 運営統括)

 

8月都留参加者だけの豪華特典

①地域おこし協力隊特別割引 受講料定価から3万円引き!

現役地域おこし協力隊がいなフリに参加するには、いろいろとハードルがあることが多いです。いなフリへの参加だけでなく、あらゆる面において受け入れ先機関・役場との交渉は地域おこし協力隊には必須事項。

今後の「やりたいこと」を現実にしていくための勇気ある第一歩を応援したく、【地域おこし協力隊3万円割引】制度を今回に限りつけさせていただくことにしました!

【特別講義】ゲストハウス独立相談

2017年~2019年3月まで 古民家ゲストハウスあわ を立ち上げ・運営し(現在は地元の大学生に運営を引き継ぎ済み)、山梨県内の民泊・ゲストハウス開業相談に地域おこし協力隊の活動として関わっている運営マネージャー・奈良が事業計画の作成と開業準備を期間中サポートします!

・ゲストハウス構想~立ち上げ~運営までの一連の流れを知る
・理想と現実を両立させる事業計画のつくり方
・実際の立ち上げ事例の見学、オーナーへのインタビュー

など、検索・短期滞在しただけではわからないゲストハウス開業・運営のリアルを実践で学べます!

 

都留開催回で受講する

地域紹介/山梨県都留市

東京・新宿から高速バスで90分の都留市。 人口およそ33,000人、山梨県東部に位置する富士の麓の城下町です。

まちの中心部には都留文科大学があり、市の人口の1割は大学生。学生たちや海外からの留学生が大学近辺を歩いていて、活気にあふれています。

中心街を少し離れると、富士山の雪解け水が湧き出した豊かな水源地やきれいな川、ピクニック気分で登れる山など、身近に自然が生きているのも魅力です。

「ありすぎず、なさすぎない」暮らすのにはちょうど良い、そんな田舎町です。

田舎フリーランス養成講座@都留で本気の夏を共に過ごしましょう。

田舎フリーランス養成講座8月都留講師紹介

都留地域マネージャー:奈良美緒(地域おこし協力隊/ゲストハウス・シェアハウスオーナー)

山梨県都留市出身・在住のUターン地域おこし協力隊(3年目)。

田舎フリーランス養成講座を山梨県都留市に2018年2月より誘致、これまで5開催にわたって統括を務める。

地域おこし協力隊の活動では「観光資源の開発と産業振興」をテーマに活動し、古民家ゲストハウスあわ立ち上げ・経営を経て、現在は市内近郊でゲストハウス・民泊の開業支援を行なっている。

 

メンター:坂本優実(イラストレーター/パラレルワーカー)

北海道札幌市出身。田舎フリーランス養成講座@都留5期を2019年3月に受講、直後に退職しフリーに。

個人よりイラスト作成依頼を受けるほか、東京都高円寺市にオープンした「ブロバー」店長を務める。

PC機器のトラブルシューティング担当の経験を生かし、サイト制作・デザイン講座のアシスタントを複数回務めるなどマルチに活躍している。

 

大森隆吉(WEBライター)

東京都東村山市出身・在住のWEBライター。

昨年夏に開催された田舎フリーランス養成講座@いすみ受講生。修了後はフリーランスのWEBライターとして独立。

転職・キャリア領域の記事執筆を得意分野とし、ライター歴1年足らずで最高月商50万円を達成。

WEBライティング初心者から、編集・マーケティングポジションを狙う上級者までオールマイティーに指導可能。

 

都留開催回で受講する

田舎フリーランス養成講座詳細のご案内

その他田舎フリーランス養成講座の詳細については各ページをご覧ください。

講座の特徴

学習内容

日程・会場

料金詳細

受講までの流れ

 

都留開催回で受講する