初心者ライターがクラウドソーシングで月10万円稼ぐ簡単3ステップ – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
初心者ライターがクラウドソーシングで月10万円稼ぐ簡単3ステップ

こんにちは!ライターの川島ヒロヒトです!

「クラウドソーシングに挑戦したいけど、初心者でもできるか不安…」このように思う人も多いですよね!

私もWebライティングを始めた当初は、サービスへの登録もためらっていました…

とはいえ、クラウドソーシングは上手に活用すれば、稼げる可能性は十分あります。

そこで今回は現役フリーランスWebライターの視点から「クラウドソーシングで月10万円稼ぐ簡単3ステップ」をまとめました!

3分程度で読めるうえに、すぐに真似できる内容ばかりです。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
クラウドソーシングで収入を得たい方は、ぜひ参考にしてみてください!

「初心者はクラウドソーシングで稼げない」はウソ!

インターネットで検索すると「初心者はクラウドソーシングで稼げない」といったネガティブなコメントも見かけます。

いざ挑戦しようと思っても不安になるケースも多いですよね。

ですが、初心者でも上手にサービスを活用すれば十分に収入を得られます。

実際に私も初心者の状態からクラウドソーシングを利用して、3ヵ月で約40万円を稼げました。

今まで「自分の力で稼いだ経験がない」人でも、稼げる可能性は十分あります。

「クラウドソーシングは稼げない」といわれる主な要因は「単価の低い仕事を受注しているから」

報酬の安い案件ばかりをこなしても、大きな収益はあげられません。

結果的に「クラウドソーシングは稼げない」といった評判がうまれます。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
初心者でも稼ぐためには、稼ぎやすい仕事を選ぶのが大切ですよ!

初心者でもWebライティングなら十分に稼げる可能性がある!

クラウドソーシングの初心者でも稼ぎやすい仕事は「Webライティング」です。

私もクラウドソーシングで仕事を受注し、ライターとしてのキャリアを築きました。

インターネット上の記事を書く仕事で、特別なスキルは必要ありません。

与えられたテーマについてリサーチし、得た情報をまとめる能力があれば仕事ができます。

情報収集が得意な方や、スキマ時間を活用して仕事したい方にぴったりです。

まったくの初心者でも、クラウドソーシングに登録して1ヵ月で10万円稼ぐ人もいます。

新しくクラウドソーシングを始めたい方は、Webライティングから挑戦してみるのがおすすめです!

全くの初心者がクラウドソーシングで月10万円稼ぐ簡単3ステップ

クラウドソーシングで月10万円稼ぐ簡単3ステップ
  1. ランサーズとクラウドワークスのどちらかに登録しよう
  2. プロフィールを充実させて提案文を作成しよう
  3. 仕事を受注してできるだけ早く納品しよう

クラウドソーシングで月10万円稼ぎたい初心者の方は、上記の3つを心がけましょう。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
初心者の方でも分かりやすいように、丁寧に説明しますね!

ランサーズとクラウドワークスのどちらかに登録しよう

まずはランサーズクラウドワークスのどちらかに登録しましょう。

どちらも大手のクラウドソーシングサービスです。オンライン上で案件を受注して、収入が得られます。

2つのサービスの内容や使い方に、大きな違いはありません。

実際に利用してみて、使いやすいサービスを選ぶのをおすすめします。

どちらも無料で利用できるので、ぜひ下のリンクから登録してみてくださいね!

 

>ランサーズの登録はこちら

>クラウドワークスの登録はこちら

プロフィールを充実させて提案文を作成しよう

クラウドソーシングに登録したら、まずプロフィールを充実させましょう。クライアントに自己紹介する画面です。

ランサーズとクラウドワークスのどちらにも、設定画面があります。プロフィールに登録する主な内容は次の5つ。

プロフィールの主な5つの項目
  • 名前
  • 写真
  • 経歴
  • スキル
  • 実績

名前は本名、写真は顔写真の登録をおすすめします。クライアントからの信頼性がアップするからです。

素性が知れているほうが安心して、仕事を依頼できますからね。

経歴やスキルは、今までの経験に基づいて書いてみましょう。

「自分の強み」が相手に分かりやすく伝わるように心がけるのが大切です。

「実績」は書いた記事が公開されたら、URLを記載しておくと良いですよ。

自分の実力をクライアントにしっかりと伝えられます!

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
クライアントの目線に立って作成してみましょう!

提案文を作るときは「発注者の意図」を把握するのがベスト

プロフィールが書けたら「提案文」を作成します。案件に応募する際に、クライアントへ自分をアピールする文章です。

クライアントは提案文の内容で発注を決めるといっても過言ではありません。

クラウドソーシングで稼ぐためには重要な項目となります。

提案文を書くときのコツは「発注者の意図」を把握することです。

依頼内容から案件の目的を推測し、理解を示しましょう。

商品を紹介する記事であれば「商品を購入してもらうこと」が目的かもしれません。

依頼の意図を予想したうえで、自分が貢献できるポイントを伝えましょう。

クライアントの心に響く提案文ができ、受注率のアップにつながるはずです。

応募する際は「1文字1円以上」の案件のみを選ぶのがコツ

仕事に応募するときは「1文字1円以上」の案件のみを選びましょう。

Webライティングは基本的に「1文字あたりの金額」で単価を計算します。

1文字1円であれば、3,000字書けば3,000円稼げます。

一方で1文字0.5円であれば、3,000字書いても1,500円しか稼げません。

単価の低い案件ばかりを受注していては、月に10万円以上稼ぐのは難しいです。

効率よく稼ぐためにも「1文字1円以上」を目安にして案件を応募するのをおすすめします!

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
最初は数をこなすのが大切です!

仕事を受注してできるだけ早く納品しよう

提案がとおり案件を受注できたら、できるだけ早く納品しましょう。クライアントからの信頼を得るためです。

すばやく執筆して納期までに提出すれば「仕事が早い」といったイメージを与えられます。

結果的に新しく依頼をしてもらえる可能性も少なくありません。

スキルや経験が浅い初心者だからこそ、すばやく納品してクライアントにアピールするのが大切です。

理想は受注日の翌日、遅くても1週間以内には納品できると良いでしょう。

とはいえ、記事のクオリティが低くてはクライアントの信頼も失ってしまいます。

しっかりとリサーチして丁寧に書きあげ、素早く提出するのが大切です!

初心者ライターが月10万円稼ぐには「1日3,000~4,000字」が目安

初心者ライターが月10万円稼ぐためには「1日3,000字~4,000字」程度の執筆が目安となります。1文字1円の案件を受注した場合で考えてみましょう。

1文字1円の案件を受注した場合
  • 文字単価:1文字1円
  • 文字数:3,000字
  • 日数:30日(1ヵ月)
  • 報酬:1円×3,000字×30日=90,000円

3,000字の案件を1日1本書きあげるだけで、1ヵ月に9万円稼げます。4,000字の案件であれば、12万円稼げる計算です。

1時間に1,000字書けるスピードがあれば、1日に3時間~4時間程度しかかかりません。

定時後に副業として挑戦したい人でも、月10万円を十分狙えますよ!

これからクラウドソーシングでWebライティングに挑戦したい方は、1日に3,000字~4,000字程度の執筆を心がけましょう!

初心者でも稼げる!クラウドソーシングで月10万円を目指そう

初心者ライターがクラウドソーシングで月10万円稼ぐためには、次の3つのステップを実践してみてください。

クラウドソーシングで月10万円稼ぐ簡単3ステップ
  1. ランサーズとクラウドワークスのどちらかに登録しよう
  2. プロフィールを充実させて提案文を作成しよう
  3. 仕事を受注してできるだけ早く納品しよう

案件選びに気をつけてクライアントの心に響くプロフィールや提案文が書ければ、初心者でも十分に稼げる可能性があります。

1文字1円以上の案件を受注し、1日に3,000字~4,000字程度の執筆ができれば月10万円稼ぐのも難しくありません。

実際に私も同じ方法でWebライターとして生計が立てられるほどになりました!

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
これからクラウドソーシングに挑戦する方は、この記事を参考にして実践してみてください!

初心者ライターが月10万円目指すなら、いなフリがおすすめ!

 

クラウドソーシングで月10万円稼ぎたい初心者ライターは「田舎フリーランス養成講座」がおすすめ!

1ヵ月間の滞在型Webスクールで、Webライティングの基礎が学べます。

講座に参加して初めて受注し、期間中に10万円以上稼ぐ人も少なくありません

実際に私も田舎フリーランス養成講座を受講したからこそ、Webライターとして生計が立てられています。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
気になる方はチェックしてみてくださいね!

田舎フリーランス養成講座のHPはこちら