【実体験】大学生がクラウドソーシングでバイト代の10倍稼いだ方法 – 田舎フリーランス養成講座
受講を申し込む 資料請求
【実体験】大学生がクラウドソーシングでバイト代の10倍稼いだ方法

「自分で稼ぐスキルを身につけたい」こんな思いを持つ学生は少なくありません。

バイトより短時間で稼げて、自由に使えるお金が増えたら理想的ですよね。

そんな学生には「クラウドソーシング」がぴったりです。未経験の人でも効率よくお金が稼げる可能性があります。

実際に私も学生時代にクラウドソーシングに登録して「バイト代の10倍」稼ぎました。

この記事では私が実際に稼いだ方法を、分かりやすく説明します。

5分程度で読めるうえに、自分の力で稼ぐヒントが見つかるはずです。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
バイト代以上に稼ぎたい大学生はぜひチェックしてみてください!

学生でもクラウドソーシングを上手に使えばバイト代以上稼げる!

クラウドソーシングはオンライン上の「業務委託サービス」です。仕事をお願いしたい人と、仕事をうけたい人をマッチングさせます。

クラウドソーシングで受けられる仕事は次のとおり。

クラウドソーシングで受けられる仕事の一例
  • Webライティング
  • サイト制作
  • アプリ開発
  • Webデザイン
  • 翻訳

自分の経験やスキルを活かして、実際に仕事を受けられます。

もちろん業務が完了すれば報酬がもらえるため、収入がアップします。

仕事内容や案件をきちんと選べば、バイト代以上に稼ぐのも夢ではありません。

元学生ライターが伝授!クラウドソーシングでバイト代の10倍稼いだ方法

クラウドソーシングでバイト代の10倍以上稼いだ方法
  • Webライティングで1文字1円以上の案件に応募
  • 自分の「得意」を活かせる案件に提案
  • 講義の空き時間を活用して1日5,000字以上執筆

私は実際に学生時代にクラウドソーシングに登録して月に30万円程度稼げました。

バイト代は月に3万円程度だったので約10倍です。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
具体的な手順について分かりやすく説明しますね!

Webライティングで1文字1円以上の案件に応募

私はクラウドソーシングに登録して「Webライティング」に挑戦しました。

Web上に公開される記事を執筆する仕事です。

クライアントから与えられたテーマをもとに、情報を調べ文章にまとめます。

特別なスキルが必要なく、経験の浅い学生にもぴったりです。

実際に私も文章を書くのは、小学校の作文や大学の論文程度でした(笑)

クラウドソーシングに登録したら「1文字1円以上」の案件に応募します。

3,000字書けば3,000円の報酬がもらえるイメージです。

1時間で1,000字タイピングできれば、時給1,000円のアルバイトと変わりません。

好きな場所で好きなときに働ける時給1,000円の仕事と考えると魅力的ですよね!

効率よく稼ぐためにも「1文字1円以上」の案件にしぼり、毎日提案しました。

自分の「得意」を活かせる案件に提案

案件を選ぶときは自分の「得意」を活かせる案件に挑戦しました。

専門的な知識を活かして、高単価の案件を獲得するためです。

内容の濃いマニアックな記事が書ければ、希少性が上がり単価も上がる傾向がありますからね。

私の選んだジャンルは「就活」です。大学4年生で就職活動の最中であったため、実体験を活かせます。

他のライターに比べてリアルな情報を届けられると考えました。

「就活生」といった強みを活かしながら「どのように貢献できるか」をクライアントにアピールします。

結果的に就活系メディアから継続的な受注が決まり、結果的に月収30万円につながりました

短期間で効率よく稼ぎたい学生は、自分の「得意」を活かせる仕事を選びましょう。

必ずしも「就活」である必要はありません。

部活やアルバイト、趣味など「他の人より優れている」と思うジャンルを選ぶのがおすすめです。

運動部であれば「筋トレ」バンドを組んでいるなら「音楽」の分野に挑戦してみるのも良いでしょう。

自分の強みを活かせるジャンルを選べば、専門的な記事が書けるようになりますよ。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
自分の強みを活かせるジャンルを選べば、専門的な記事が書けるようになりますよ!

講義の空き時間を活用して1日5,000字以上執筆

大学の勉強と両立させるために、講義の空き時間を活用しました。

講義が始まるまでの間や帰宅後のフリータイムは、大学生が自由に使える時間です。

毎日最低でも5時間程度は確保して、黙々と執筆します。

1日に書いた文字数は約5,000字。1文字1円の案件であれば5,000円、2円であれば10,000円稼げる計算です。

月収30万円を達成したときの平均文字単価は2円~3円程度だったため、1ヵ月に平日の20日を作業にあてていました。

それでも時給1,000円のアルバイトを行うより、少ない時間で多くの収入が得られます。

自由な時間を賢く使いたい学生には、クラウドソーシングで稼ぐのは有効的な手段の1つですよ!

学生こそバイトよりクラウドソーシングがおすすめしたい3つの理由

バイトよりクラウドソーシングをおすすめしたい3つの理由
  • 将来の選択肢が増える
  • 他の就活生と差をつけられる
  • 自分の力で稼ぐ経験ができる

学生こそアルバイトよりクラウドソーシングをおすすめしたい理由は上記の3つ!

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
それぞれの内容について、分かりやすく説明しますね!

将来の選択肢が増える

クラウドソーシングを使って自分で稼ぐ経験をすると、将来の選択肢が広がります

身につけたスキルを活用して、新しいキャリアを見つけられる可能性があるからです。

Webライティングの仕事を経験し実績を積めば、ライターとして採用してもらえるかもしれません。

サイト制作やアプリ開発の仕事を受ければ、エンジニアとしてのキャリアも期待できます。

就職先や転職先の選択肢が増えるので、社会人になる前の学生にはぴったりです。

就職すると余裕がもてず、なかなか挑戦できないケースも少なくありません。

自由に使える時間がたっぷりある間に、クラウドソーシングで稼ぐスキルを身につけるのは賢い選択といえます!

他の就活生と差をつけられる

クラウドソーシングでの経験は就職活動の役にも立ちます。選考の際に他の就活生と差をつけられるからです。

学生のうちに自分で稼ぐ経験をした学生は、決して多くありません。

アルバイトで給料をもらって生活した人がほとんどです。

他の学生と違った経験をしていれば、企業の採用担当者の目を引けることでしょう。

クラウドソーシングで培ったビジネス経験は、入社後の活躍にも直結する可能性があります。

ビジネス上のコミュニケーションや、単価の交渉などは会社員になっても役立つはずです。

人事から即戦力として高い評価を得られるかもしれません。

自己PRとしても話せるので、学生のうちからクラウドソーシングを活用するのはおすすめです。

自分の力で稼ぐ経験ができる

クラウドソーシングで仕事を受ければ、自分で稼ぐ経験ができます。

アルバイトや会社員とちがって、決められた給料が振り込まれるわけではありません。

組織に頼らずお金を生み出す力をつけられます。

自分で稼ぐ経験をするメリットは、気持ちに余裕が生まれて視野が広がることです。

アルバイトや会社の給料だけでしか稼げない場合「就職しなければ生きていけない」といった不安が生まれます。

結果的に会社に不満を抱いても辞められず、働き続ける人も少なくありません。

一方で自分で稼ぐスキルがあれば、自分でお金を生み出せるためストレスが減ります。

内定先の企業が合わなくても、退職して自分で稼ぐこともできるでしょう。

気持ちに余裕をもって働くためにも、クラウドソーシングで稼ぐ経験をするのはおすすめです。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
実際に私は学生時代に稼ぐスキルを身につけ、入社1年で退職し独立しました!

クラウドソーシングで稼ぎたい学生は「短期集中型の講座」の受講がおすすめ

クラウドソーシングは稼ぐためには有効的な手段ですが、初心者だとつまづくケースもあります。

自分を思うようにアピールできず、案件が獲得できない場合も多いです。

実際に私も、最初は1人で挑戦して1度は挫折しました…

失敗せずに短期間で稼ぎたい方は「短期集中型の講座」を受講するのがおすすめです。

春休みや夏休みなどの自由な時間を活用して、集中的にスキルが学べます。

プロの講師から学べる環境であれば、質問して疑問を解消できるかもしれません。

私が実際に受講したのは「田舎フリーランス養成講座」です。

1ヵ月滞在型のWebスクールで、実践的なスキルが習得できます。

クラウドソーシングの活用方法から案件の取り方まで丁寧に教われますよ。

実際に講座期間の1ヵ月で、10万円以上稼ぐ人もいるほどです。

短期間で集中してスキルを得たい人は、受講してみるのをおすすめします。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
私は田舎フリーランス養成講座に参加して、結果的に独立できました!

学生でも稼げる!クラウドソーシングを上手に使って選択肢を広げよう

クラウドソーシングでバイト代の10倍以上稼いだ方法
  • Webライティングで1文字1円以上の案件に応募
  • 自分の「得意」を活かせる案件に提案
  • 講義の空き時間を活用して1日5,000字以上執筆

クラウドソーシングは自分の力で稼ぎたい学生にはサービスです。

上手に活用すればアルバイト以上の報酬を得るのも難しくありません。

実際に私はクラウドソーシングを利用して、月に30万円以上を稼ぐことができました

自由に使える時間が多い学生のうちに、自分で稼ぐ力を身につけておくのはおすすめですよ。

就活に役立つうえに、将来の選択肢も広がりますからね。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
ぜひクラウドソーシングを活用して、アルバイト以上に稼ぎましょう!