2018/10/24

地域おこし協力隊だった僕が田舎フリーランス養成講座を受講した理由

「田舎フリーランス養成講座楽しそうだな」

僕は、数年前まで地域おこし協力隊をしていた、現Webライターの阿部将英(@abemasa0530)です。

現役の地域おこし協力隊として活動している時に、たまたまTwitterで田舎フリーランス養成講座を見つけました。

みんな楽しそうだし、稼いでいるし、田舎フリーランス養成講座のコミュニティに参加したい。

地域おこし協力隊の任期が終え、僕はずっと参加してみたいと思っていた田舎フリーランス養成講座を受講しました。

今回の記事では、田舎フリーランス養成講座で学んだことや受講した後はどのように生きていくのかについて書いていきます。

・地域おこし協力隊の人/なりたいと思っている人
・地方でフリーランスとして、Webスキルを使って生活をしたい人
・田舎フリーランス養成講座の受講生のその後を知りたい

そんな人の参考になればと、僕の参加前の思いと実体験を紹介します!

Webスキルを伸ばして稼ぎたい

僕が田舎フリーランス養成講座を受講した理由は、Webスキルをより伸ばして稼げるようになりたいと思ったからです。

僕は地域おこし協力隊の任期中の主な活動は、Webメディア運営でした。

それまでWebのスキルは0だったので、Webメディアの運営をしながらWebのスキルを学んでいました。

副業も認められていたので、WebライティングやWeb制作の案件に取り組みましたが、3年の任期の間で安定して稼ぐことができませんでした

そのため、Webスキルをより伸ばして稼げるようになりたいと思い、田舎フリーランス養成講座を受講しました。

Web全般のスキルを身につけるために参加

ライティングスキルを伸ばす以外にも、Web全般のスキルを身につけたいと強く希望していました。

なので、Web全般のスキルを幅広く扱う田舎フリーランス養成講座はとても魅力的だったのです。

田舎フリーランス養成講座では、

・サイト制作
・WEBデザイン
・アフィリエイト

・Twitter運用
・WEBマーケティング

など、Webフリーランスとして必要なWebスキルを網羅的に学ぶことができます。

さらに、Webスキルに関する講座だけでなく、独立に関連する講座田舎を体験できる地域関連講座が用意されています。

地域おこし協力隊の前にいなフリ受講がおすすめ

もし、これから地域おこし協力隊を考えている方は、着任する前に田舎フリーランス養成講座を受講することをオススメします。

理由としては、田舎フリーランス養成講座を受講することで選択肢を広げることができるからです。

地域おこし協力隊は、自治体と協力しながら地域の課題に取り組んでいきます。

そのため、個人や民間企業とは違った形で課題に取り組むことができます。

僕の場合は、地域のWebメディアを運営していて、メディアの収益性に捉われることなく、地域の人々をインタビューして記事として発信することができました。

しかし、任期を終えた今になって、田舎フリーランス養成講座で得たスキルを持っていればもっと多くのことに取り組むことができたなと思うことが多々あります。

地域おこし協力隊になって、実践しながら身につけていくスキルも必要ですが、田舎と相性の良いWebスキルを身につけて地域おこし協力隊になると、実践していける選択肢の幅が広がります。

さらに、田舎フリーランス養成講座では自分で稼ぐためのスキルも身につけることができます。

地域おこし協力隊は最長3年と任期が決まっているため、任期後は独立するか企業に就職するかなどを考えなければなりません。
しかし、任期前から自力で稼ぐことができることができていれば、任期後のことで悩まずに活動に集中することが可能です。

・Webスキルを持つことで活動の選択肢が広がる
・自力で稼げるようになれば任期後のことで悩まずに済む

地域おこし協力隊になる前に田舎フリーランス養成講座を受講することで、上記のようなメリットを得ることができます。

田舎フリーランス養成講座に参加して得たこと

僕が田舎フリーランス養成講座に参加して得たことは、仲間と自信でした。

Webスキルはもちろん、習得できます。

それよりも、自分一人でフリーランスとして活動していたら、絶対に手に入れることができなかったものの方が強く印象に残っていますし、いまのフリーランス生活を支えています

僕には、田舎フリーランス養成講座に参加して得たものはとても大きかったです。

同じ志を持った仲間

田舎フリーランス養成講座では、これからフリーランスとして活動していきたいと考えている仲間と出会うことができます。

これまで、同じような志を持った仲間があまりいなかった僕にとって、かけがえのない仲間たちです。

田舎フリーランス養成講座期間中は、午前中に講座を受け、午後は各自で作業に取り組みます。
それぞれが行う作業は異なりますが、同じ空間で一緒に頑張るみんながいたことで刺激になりましたし、励みになりました。

シェアハウスでも一緒の時間を過ごし、大人になってから仲間と呼べるみんなと出会えたことは幸せでした。

フリーランスとしてやっていける自信を手に入れた

僕は田舎フリーランス養成講座期間中は、Webライティングに集中して取り組みました。

集中して取り組んだ結果、クライアントへの提案文の作り方ライティングの技術自己管理能力交渉術・営業術などを身につけることができ、フリーランスとしてやっていける自信を手に入れることができました。

また、Webライティングは場所を問わず仕事ができるため、いつでもどこでも好きなときに働くことができるんだと、心に羽が生えたような気持ちです。

田舎フリーランス養成講座期間中に学んだことをアウトプットし続けるために、修了後は開催地である千葉県いすみ市に滞在してWebライティングに取り組みました。

田舎フリーランス養成講座は一ヶ月の期間中に多くのインプットをします。そのため、期間中で学んだことを自分自身に落とし込むのは難しいです。期間中に学んだことをしっかりと自分に落とし込むためには、継続することが必要だと感じました。

今では、田舎フリーランス養成講座期間中に学んだスキルを自分自身に落とし込めたことで、Webライティングだけでなく、Webメディアの運営の案件も獲得することができました。

また、現在は育成側にまわり、田舎フリーランス養成講座の講師も務めています。

田舎フリーランス養成講座を受講してのこれから

田舎フリーランス養成講座を受講して、これからどうしていこうかは正直悩んでいます。

悩みといっても、「どうしようどうしよう」というわけではありません。
田舎フリーランス養成講座を受講したことで、自分で稼げる能力とWebスキルを身につけたことで選択肢が広がったので、どの選択肢を選ぼうかなといった前向きな悩みです。

選択肢は多くあります。

例えば、
・自分が住んでみたい地域や海外に住んで仕事をする
・法人化を目指してフリーランスとして収益を伸ばしていく
・いなフリで得たスキルを活かして企業に就職する
など様々。

どの選択肢を選んでも楽しそうので、もう少し悩んでみようかなと思ってます。

まとめ:地域おこし協力隊だった僕の選択

今回の記事では、地域おこし協力隊だった僕が田舎フリーランス養成講座を受講した理由をご紹介しました。

地域おこし協力隊の任期後について悩んでいる方や、これから地域おこし協力隊を考えている方は、田舎フリーランス養成講座を受講することを選択肢の一つにしてみてください。

 

文:阿部将英(Twitter:@abemasa0530/運営メディア:ローカルベース

写真:草場あゆみ(Twitter:@jyorinko_ayumi /ブログ:じょりんこどっとこむ

編集:野里和花(Twitter:@robotenglish/ブログ:野里和花オフィシャルブログ