開催地域紹介

田舎フリーランス養成講座とは?

人生の方向性を考え、必要なスキルを学び仕事で実践する、1ヶ月間の地方移住型フリーランス体験プログラムです。

千葉県富津市金谷のコワーキングコミュニティ「まるも」で2016年2月に開講され、以来、様々な地域で展開されています。
過去に開催した地域は以下の通りです。

千葉県富津市金谷

kanaya3

コミュニティスペース「まるも」がある、東京から約2時間の千葉県富津市金谷。
海と山に囲まれた自然豊かな田舎の環境に触れながら、集中できる空間で日々学んでいきます。
1ヶ月間の体験プログラム期間中は、各地域のシェアハウスに居住可能です。
地域で活動している個性的な方々と話せる機会でもあるので、シェアハウスでの生活も有意義に過ごしてください。

既に独立され個性的な活動をしている方々も多く「様々な価値観に触れることができる」「人が自然と集まってくる出会いが多い地域」だからこそ、他では味わえない学びが多くあります。

地方移住を同時に体験できるため、田舎に移住してフリーランスとして働きたい人には最適の環境です。

3月の開催場所:千葉県いすみ市大原

千葉の外房に位置する自然豊かな、千葉県いすみ市大原。
2017年春にオープンしたコワーキングコミュニティ「hinode」にて講義やワークショップを行っていきます。

いすみには地域で活躍する個性豊かなプレイヤーが数多くいて、地域でどう生きるか/働くか、を肌で感じ学ぶことができます。

参考)いすみで活躍されている方々が特集されている書籍です
『「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)』

 

山梨県都留市

東京・新宿から高速バスで90分の都留市。
人口およそ33,000人、山梨県東部に位置する、富士の麓の城下町です。

人口の10%にも及ぶ3,000人が、市内にある「都留文科大学」の大学生という学園都市。県外から移住してくる若者たちを柔軟に迎える風土があります。

地元の学生が空き家を改装してオープンしたスペース「つる小屋」にて講義やワークショップを行っていきます。
湧き水の流れる川や歩いてすぐに登れる山など、自然豊かな田舎の環境に触れながら、集中できる空間で日々学んでいきます。

東京から通える距離でありながら、自然を身近に感じながら過ごすことのできる環境なので都会と田舎の二拠点居住や、お試し移住生活を送っている方も多いのが特徴です。

鹿児島県南九州市頴娃町

鹿児島県薩摩半島南部の、海に面した頴娃町。
商店街の中の築100年の古民家を改修したコミュニティスペース「塩や、」にて講義やワークショップを行います。

頴娃町では、タツノオトシゴの観光養殖場が近年メディアで取り上げられるなど盛り上がりをみせており、地域ではNPO法人が観光地化や移住促進に活発に取り組んでいます。
今回の講座では、そんな頴娃町を盛り上げるプレイヤーに学びながらの受講が可能となっています。

穏やかな環境ですが、学ぶときは本気で学び、楽しむときは楽しむメリハリがしっかりとあり、独立するための知識やノウハウはがっつり学ぶことができます。
フリーランスに興味がある/独立したい人はもちろん、副業や将来に向けてスキルアップしたい人にとっても十分に役に立つ内容です。

自ら稼ぐスキルを高めるために、活用できる機会は全て活用し、ぐんぐん成長していってください!