【10月開催!】半農半フリーランス養成講座、参加者募集!

みなさんは「半農半X」という言葉を知っていますか?
半自給的な農業を生活に取り組みつつ、やりたい仕事やライフワークなど自分にとってのXをやる、という生き方です。

最近ではパラレルワークという言葉も普及しつつあり、1つの仕事ではなく複数の収入源を持つ人も増えています。
副業/複業に挑戦したい人も増えていますし、それらを実践するのも当たり前になりつつありますよね。

そこで今回提唱したいのが「半農半フリーランス」という働き方。

日中に農業をしながら、フリーランスとして仕事をする働き方です。
※フリーランスといっても様々ですが、WEB関連の事業に従事したフリーランスを想定しています
会社という組織で働くことや場所/時間に囚われる必要がある仕事だと、農業と両立して仕事するのは難しいですが、場所や時間の拘束を受けにくいWEB系フリーランスであれば農業との相性はとても良いと思っています。
また、自分自身で育てた農作物を販売するといったこともできますし、十分に身体を動かせて健康的な生活を送ることができます。
なにより自分で食べるものを自分でつくり、生活に必要なお金も自ら生み出す。
自分に必要なモノを自給自足していくライフスタイルは人生も心も豊かにしてくれます。

WEBや独立などフリーランスとして活躍するためのスキルを学びながら、農業を生活に取り入れてみませんか。
・自給自足的な暮らしをするフリーランスに興味がある
・WEB+αで仕事をしてみたい
・できる範囲で農業に挑戦してみたい

というかたはぜひご参加ください!

半農半フリーランス養成講座とは

農業を生活に取り入れ自給自足に繋がる取り組みをしながら、フリーランスとしてのスキルを磨く1ヶ月間の体験プログラムです。
同様の1ヶ月間の体験プログラム「田舎フリーランス養成講座」をもとに、より深い農業体験を行い「半農半X」の生き方の実現を目指す内容になっています。

WEBスキルを学びながらも決してそれだけではない。農業を通して理想の生き方や自分像を考え実践する1ヶ月間になります。

開催場所:いすみ市大原

千葉の外房に位置する自然豊かな、千葉県いすみ市大原。
2017年春にオープンしたコワーキングコミュニティ「hinode」にて講義やワークショップを行っていきます。

いすみには地域で活躍する個性豊かなプレイヤーが数多くいて、地域でどう生きるか/働くか、を肌で感じ学ぶことができます。特に、有機農業や健康食に対する理解も高く、若手農家も多いのも特徴的です。

参考)いすみで活躍されている方々が特集されている書籍です
『「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)』

半農半フリーランス養成講座の3つの要素

半農半フリーランス養成講座では、主に上の3要素を中心に学んでいきます。

1.独立できるWEBスキル
2.多種多様な農業体験
3.半農半Xの暮らし

独立できるWEBスキル

半フリーランスとして実際に学ぶスキルはWEB関連のスキルが主で、受講生のニーズに合わせ、その都度最適な講座を提供しています。
具体的には、「サイト制作」「WEBデザイン」「ECサイト運営」「ブログ運営」「アフィリエイト」「WEBマーケティング」などを学ぶことが多いです。

もちろんWEBに限らず、独立において必要なマインド、営業、税務なども学びますし、タスク管理が甘いと感じたときにはタスク管理術を教えることもあります。受講生のニーズに合わせてその度に講座を作っているため、より最適化された講座を受けることができます。

また、実践形式で学ぶ講座が多いため、話を聞くだけでなく手や身体を動かす実戦形式のため成長スピードも断然早いです。都内のスクールやオンラインスクールより確実に成長する、と実感しています。

(講座/ワークショップの例)
・WordPressによるサイト制作講座
・Illustratorをつかった名刺作成/WEBサイトデザイン講座
・自己ブランディングのためのブログ/SNS運営講座
・SEOや広告運用の基礎を学ぶWEBマーケティング講座
・アフィリエイト講座~アフィリエイトの基本とASPの特徴~
・案件獲得のための営業講座vol.1~仕事を見つけ生み出すアンテナづくり~
・ネットショップ基礎講座vol.1~ネットショップの基本とASPの選び方~
・独立しても焦らず対応できる基本の開業/税務セミナー

多種多様な農業体験

実際に農業体験をしていただき、農業の楽しさや大変さを感じてもらいたいと思います。
農業体験だけでなく「個人農業の始め方」「美味しい作物の作り方」「農業器具の活用法」など専門性の高い学びも提供していきます。

農業だけでなく、ゲストハウス運営や小屋づくりワークショップなど、地域性を活かした企画もやっていく予定です。

(過去に開催した講座/ワークショップ)
・古民家DIYワークショップ
・素敵な古民家の竹林伐採体験
・0から始める畑開墾ワークショップ
・北米インディアンの移動式住居「ティピー」建築
・地域の田植え/稲刈り体験
・有機農家の醤油作りワークショップ

(参考記事)
『【地方創生・地域活性化】若者は地方にいるだけで価値がある。』(講師:小林勝宗)
『農業体験は幸せの”おすそ分け”だと思った。』(4期受講生:石丸敬将)
『人間関係に疲れたら田舎に住むべき!仕事はあるから!』(2期受講生:髙橋寛一郎)
『林業&MYきのこワークショップに行ってきた!』(2期受講生:小野里玲子)

半農半Xの暮らしとワークスタイル

独立と言っても人それぞれで、職種や仕事内容も違います。
どんなフリーランスになるのか、自分自身のブランドをしっかり形成することを大事にしています。

半農半フリーランスといっても、決して半々ではなく、ビジネスとして農業に取り組みたい人もいるでしょうし、家庭農園のレベルでもいい、と思う人もいるでしょう。
そして、フリーランスも本当に様々な働き方や仕事ができるので、多くの選択肢を知りつつ自分にあった働き方/独立を見つけていってください。

(講義/ワークショップの例)
・フリーランス講座vol.0~独立までの道のりとフリーランス事情~
・働き方講座~どんな稼ぎ方/生き方があるか~
・フリーランスで生きていけるの?独立5年目の失敗しない独立講座
・自分を広げる”商材づくりワークショップ”
・自分づくり講座~やりたいことを見つけ、行動し、実現する10の秘訣~

(参考記事)
『【スキルアップだけじゃない】田舎フリーランス養成講座で他人の人生を考えた』(6期受講生:小倉望未)
『都会とか田舎とかどうでもいいから丁寧に暮らしたいと思った日』(2期受講生:黒田剛司)
『田舎でフリーランスを目指す方へメッセージ』(1期受講生:和田周作)
『フリーランストークナイト「場所にとらわれない3人の生き方」』

実際に開催した講座に関しては、以下に一覧になっていますので、ぜひ確認してみてください。

半農半フリーランス養成講座のスケジュール

午前は「座学」となり、フリーランスとしてのスキルを高める講座を中心に行います。
午後は「ワークタイム」となり各自で取り組みたい課題やスキルアップをするか、「農業体験」のいずれか、を選択できます。

週5日農業体験だと体力的に厳しいかたもいますので、「週2~3日を農業体験」にする予定です。受講生の要望や体力に合わせて、日数や時間は適宜調整していきます。

1日のタイムスケジュールの例

【9:00】コワーキングスペースで作業
【9:30】WordPressでサイト制作講座
【11:00】Illustratorで名刺づくり講座
【13:00】お昼休憩
【14:00】農業体験
【18:00】全体で情報交換
【19:30】夕食

夜や週末にはイベントや企画を用意しています

会場となるいすみには魅力的な場所や人が多くあるため、講座と農業体験だけやるのでは勿体なく、いすみの魅力を体験できるお出かけ企画も用意しています。

運営

運営統括:地方開拓家 山口拓也

山口拓也

総合プロデューサーの地方開拓家の山口となります。
フリーランスとして2012年に独立しサイト制作やWEBメディア運営に従事。2015年10月よりコミュニティスペース「まるも」の運営を始めました。WEB全般からスペース運営、地域での仕事の作り方など幅広く教えています。
Blog:『日本の田舎を開拓してみる』 /twitter:@ikechan0201

農業体験先:農園 タロとあき

タロとあき

農業体験先となるのは”農園 タロとあき”です。
少量多品目で野菜づくりを行いながら、食べられる花「エディブルフラワー」の販売、いすみと絡めた野菜のセット販売など行っています。
生産はもちろん流通や商品開発も手掛けており、幅広い農業体験ができます。Facebookページ:『農園 タロとあき』

半農半フリーランス養成講座の詳細

参加費:15万円 ⇒ 13万円(初回キャンペーン!)

受講費には以下の費用が含まれます。
・食費(夕食)
・スペース利用料
・講座に関わる現地での移動費

※上記以外に、現地での滞在費(家賃2~3万円)が発生します。
※朝食/昼食や個人的な支出はご自身で負担してもらう形になります。

定員:10名

先着順となりますので、興味があるかたはお早めにお申込ください。

開催日程:10/2(月)~10/27(金)の1ヶ月間

1ヶ月間の参加が基本になりますが、「週末は帰宅する」「予定があって数日休みたい」などの対応も可能です。

【参加後について】
半農ライフを送り、移住してその後も農業に関わりたいという場合には相談に乗っています。
もちろん農業に携わらないが、移住したい、という場合も歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

今回の参加が難しい場合は、日程は未定となりますが次回開催へのご参加をご検討ください。
ご興味あるかたはお申込いただけましたら、次回日程の詳細などもお伝え可能ですのでお気軽にお申込ください。

参加までの流れ

1.申込フォームより参加希望の申込を行う

この時点では申込確定ではありませんのでご安心ください。
「もう少し詳しく話が聞いていたい」というかたもお申し込みください。

2.現地かネット通話にて「プログラムの説明」と「ヒアリング」の実施

現地にお越しいただくか、遠方の場合にはネット電話にて一度お話する機会を設けさせていただきます。
体験プログラムの詳細/具体例やよくある質問などを口頭でも説明/確認できればと思っています。

また、実際にどんな講座や体験プログラムにするか、ヒアリングをしたうえで内容に反映させていきますので「どんなことをしたいか/学びたいか」など要望をお聞かせください。

3.講座内容/滞在場所の調整

ヒアリングをもとに講座内容のアレンジ、滞在場所の手配を行わせていただきます。
受講生全員の要望に沿う形を目指しますが、場合によっては要望に沿えない場合もありますのでご了承ください。

4.参加本申込

面談にて話をした後に参加を希望される方は本申込のほどお願いします。

お支払いは事前振込となりますので、事前にご用意のほどお願いいたします。
支払い後にやむをえずキャンセルする場合には、キャンセル料を除いた残りの金額を返金いたします。

5.参加者用のFacebookグループを用意

事前に交流できるようにFacebookグループを用意させていただきます。
また、事前に仲が深まっていたほうがプログラム中をより有意義に過ごせると思いますので、事前に交流できればと思っています。

6.半農半フリーランス養成講座の開始

1ヶ月間をより有意義に楽しくみんなで過ごしていきましょう!

最後に

私自身、半農と呼べるほどではないのですが、家庭菜園や田植えなどを体験して、自分自身が食べるモノって作れるんだ、と感じました。
もちろん農業の大変さもありますが、大変さよりも「意外とできるぞ」という実感のほうが大きかったです。

半農ライフの魅力として、本業と並行して無理なく農業に関われることだと思っています。
そして「自分で農作物をつくること」「自分で仕事を生み出すこと」を通じて人生の幸福度が上がりました。

企業や他人に依存することなく自給自足できたことで、”いざとなれば自給自足しよう”と思えたことで、将来への不安が減り、日々の暮らしをより豊かにできるようになったと思います。

自分自身の人生をより豊かにするために半農ライフや独立に興味がある人へ。
1ヶ月間を共に有意義に過ごせることを楽しみにしています。

運営

いすみ市大原のコワーキングコミュニティ「hinode」