2017/09/06

あなたは会社に依存していないか?自分で「稼ぐ力」を身につけるには

仕方がないことなのですが、本業の収入源がひとつしかないと、次第に本業に依存するようになってしまいます。
しかし、経済的・精神的に依存してしまうことは、その後の選択肢が大きく制限されるというリスクもあるでしょう。

この記事は、そんな「組織に依存し、疲弊してしまった人」へ向け、「組織に依存することのデメリット」「セーフティネットとしての『稼ぐ力』を身に着ける方法」を解説していきます。少しでも副業がどのようなものか、選択肢が広がることを願っています。

なぜ「会社(組織)に依存」することが危険なのか?

会社員として、毎月の安定した収入は重要です。ですが、会社勤めをしていると、どうしてもライフサイクルや収入面を会社に「依存」してしまう形になってしまいます。

組織のデメリットを直視できなくなる

労働者を守らない「ブラック企業」問題が顕在化しているとおり、会社に依存し続ける人の待遇は悪くなり続ける一方です。しかし、そうした企業に勤める多くのビジネスマンは、本業の収入に生活を預けているため、会社がなくなると生活を一切維持できなくなってしまいます。

こうした状況に身を預けていると、そのうち、会社をやめるわけにはいかないと、無意識のうちに強迫観念にも似た感情を持つようになります。「ブラック企業」と呼ばれる企業で働き続ける人がいるのは、そうした背景も一因となっています。

このような依存状態について、多くの方は心あたりがあるのではないでしょうか?では、どうすればこの依存状態から脱却できるのか、を解説していきましょう。

自分で「稼ぐ」ことのメリット。依存からの脱却を果たす

このような「依存」から脱却するためには、先ほども伝えた通り、会社以外の収入源を確保が重要です。単純に、依存の原因は「お金」にありますから、自分で稼げるようになれば自動的に依存状態からも脱却できます。

収入源を増やす、つまり「自分で稼ぐ」ことが依存から脱却するカギであるとお伝えしましたが、この行為にどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

収入源の分散でリスクヘッジが可能

副業で稼げるようになると、収入源が一つに偏らなくなるので、万が一の時に、比較的対応しやすくなります。最悪、本業の収入が途絶えてしまったとしても、副業収入でしばらくは食べていくことが可能ですので、精神的な余裕にも遥かに違いが出てきます。

本業に執着しなくなり、いざとなれば転身もしやすく

副業がどの程度軌道に乗っているか、という点にもよりますが、先述した「本業に依存する」というリスクは確実に回避できるようになります。理由としては単純で、本業以外にも仕事をしているため、仕事への意識がいい意味で本業に集中しなくなるからです。

そのため、将来独立や転職をする際にも、フットワークは本業一本と比べて遥かに軽くなります。金銭面でも会社に執着しなくなるため、会社を辞めるという精神的負担も、大なり小なり軽減されることでしょう。

ここまで、自分で稼ぐことのメリットをお伝えしてきましたが、それでは、この「自分で稼ぐ」にはどうすればいいか?という点についても解説していきましょう。

自分で稼ぐにはどのような手段があるのか?

自分で稼ぐには、まずどのような「稼ぐ手段」があるのかを知る必要があります。副業には、非常にさまざまな種類がありますが、まず「してはいけない副業」からお伝えします。

アルバイトやレバレッジ取引(FXなど)はあまりおすすめできない

アルバイトやFXは、副業として思いつく方も多いのでしょうか。ですが、この2点はあまりおすすめできません。

なぜなら、業務が終わってから単純な肉体労働をしても、金銭は得られてもスキルは身につきませんので、結局のところ現状打破にはならないためです。実際、ほぼ間違いなく本業に影響が出ますし、そもそも多くの会社で副業のアルバイトは禁止されています。

あと、副業としてはFXや商品千物取引などもポピュラーでしょう。しかし実は、これも24時間動く為替相場を常にチェックしなくてはならないことを考えると、現実的ではありません。リスクもありますので、手軽に始める副業としては難しいと言わざるを得ないのが現実です。

では、どのような副業がおすすめなのかというと、Web上で稼ぐ「ネット副業」が挙げられます。

手軽に始められる副業「ネット副業」

ネット副業は、初期投資がほぼかからないうえ、工夫と努力で本業を超える収入も狙える、現代ならではの「もっとも副業に適したビジネス」です。Web開発やクリエイター業など、自分のスキルを利用した「リモートワーク」、広告収入を得るアフィリエイトサイト構築、ブログ運営など、ジャンルは多岐に渡ります。

このネット副業の最大の利点は、コツコツ続ければいいので本業に影響がでないこと、好きな分野を選べるので、続けることが苦になりにくいことの2点です。

このネット副業に関しては、以下の記事にまとめてあります。詳細が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

月5万でも副収入を得れば依存しなくなる。将来に備えたリスクヘッジを

もし、月5万円の収入があれば、無収入になっても食費と水道・光熱費程度なら賄えるようになります。「会社がなくなったとしても、しばらくは大丈夫」と思えれば、会社に依存せずに転職や独立といった、行動力が必要なアクションも起こしやすくなるでしょう。

多くの人の悩みは「収入」から来ています。会社で働き続ける前に、改めて収入源について考え、自分の持っているスキルでできそうなことを、見出してみてはいかがでしょうか。


近藤 フミヤ

金融/ガジェット/ゲーム/ライフスタイルライターを自称する、ゲーム脳の24歳です。要するに何でも書く男。アメリカ語が苦手なことに定評があります。 / 生涯ゲームを楽しむ姿勢を応援するblog『ゲーマーズ畑。』運営中▶http://yado.wp-x.jp