2017/08/27

現役ウェブライターがオススメするクラウドソーシングサイト6選

初めまして、現役Webライターの近藤です。
私は現在Webライティングのみで生計を立てており、数々のクラウドソーシングサイトを利用しました。

「クラウドワークス」「ランサーズ」を代表とするクラウドソーシングサイトは、現在30社以上が存在し、それぞれ案件の質やシステム手数料などが大きく異なります。
もちろんサイトを選ぶと、当然そのサイトをメインに活動していくわけですから、クラウドソーシングサイト選びは最初の足がかりとして非常に重要です。

そこで、今回はWebライター向けにおすすめしたいクラウドソーシングサイトを、実際に筆者が利用したものを中心に紹介。サイト選びの参考になれば幸いです。

クラウドソーシングサービスはどれか一つに絞るべし


クラウドソーシングサービスを利用するにあたって、複数のサイトを利用し続けるのは避けたほうがよいでしょう。
とつのサイトで効率よく実績が積めず、高単価の案件獲得に影響してくるためです。そのため、クラウドソーシング使って仕事をするなら、どれが一社に絞ると吉。

もちろん、最初はいくつもやってみて、自分の肌に合うサービスを探すのがよいですが、最終的にはどちらか1サービスに統合したいところ。もちろん、セーフティネットとしてであれば、いくつも登録して案件チェックすることをおすすめします。

クラウドソーシングサイト6選

それでは以下で筆者が実際に使っている、あるいは調べてみて良さそうなサービスを6つ紹介していきます。

クラウドワークス


会員数は149万人。ランサーズと肩を並べる、日本最大級のクラウドソーシングサービス。案件の質は、数が非常に多いぶん玉石混交ではありますが、初心者からプロ向けまで幅広く揃っています。

はじめは「クラウドワークス」か「ランサーズ」のどちらかでWebライターをはじめるとよいでしょう。
ちなみに、私はクラウドワークスを使ってWebライター業を始めました。Webライターの足がかりとしては、最もおすすめできるサービスです。

クラウドワークスで案件を探す

ランサーズ


会員数は未公開ですが、依頼件数は161万件超えと、非常に多くの案件があるクラウドソーシングサイト。
月50万円以上稼ぐ方など、ランサーズ経由で実績を出しているライターも数多くいます。

クラウドワークスとは非常に似通った部分があるので、どちらが良いか、と尋ねられることも少なくありません。「両方使ってみて気に入った方を選んでください」と応える程度には、両者に大きな違いはありません。

ランサーズで案件を見る

サグーワークス/サグーライティングプラチナ


ライティング・アンケート案件が中心の「サグーワークス」。案件数は上記2社と比べて少なめ。
文字単価も高い案件は少ないので、サグーワークスをメインに据えながらガッツリ稼ぐという目的には向いていません。

ただし、納品からの承認/非承認のレスポンスが早く、ポイントが付与されれば短期間で現金化できますので、セーフティネットとしては優れたサービスといえます。

また、サグーワークスの魅力は「プラチナライター」制度にもあります。プラチナライターに認定されれば、最低単価1円以上の案件が受けられるようになり、平均報酬も増加。実際、月数十万円をコンスタントに稼ぐライターも見受けられます。
ランサーズやクラウドワークスで質の高い案件が少ないと感じたら、プラチナライターテストを受けてみると良いでしょう。

サグーワークスで案件を見る

Bizseek


Bizseek(ビズシーク)業界最安値の手数料が魅力のクラウドソーシングサービス

本人確認書類による実名登録が必須のため、クライアントとの信頼関係が築きやすいのも特徴です。Bizseekのシステム手数料は以下の通り。

  • 10万円以下部分:10%
  • 10万円超部分:5%

「クラウドワークス」「ランサーズ」の20%と比較すると、非常に手数料が安いことがわかります。
さらに、案件数はクラウドワークス・ランサーズ大手2社より少ないものの、個人的にざっと確認した限り、質の高い案件は多くあります。ライティング案件以外も多く見受けられるので、ライター志望ではない方にもおすすめできるサービスといえます。

ビズシークで案件を見る

Craudia


Claudia(クラウディア)は、Bizseekと同じく、「ランサーズ」「クラウドワークス」より、システム手数料が安いのが特徴のクラウドソーシングサイト。Craudiaのシステム手数料は以下の通り。

  • 5万円以下:15%
  • 5~10万円:10%
  • 10~100万円:5%
  • 100万円部分:3%

ただし、2017年8月時点で案件を確認した所、上記Bizseekより案件数は少ない印象でした。個人的には、メインで取り組むならClaudiaはおすすめしませんが、サグーワークスと同じく「セーフティネット」としては優れたクラウドソーシングサイトといえます。

クラウディアの案件を見る

Shinobiライティング


「シノビライティング」は、タスク形式で原稿を執筆して納品する、ライティング特化のサービスです。

クラウドソーシングサイトとは少し毛色が異なりますが、手軽さという面でオススメしたいサイトです。
案件数は常時1000件程度は確認でき、ジャンルも多岐にわたっています。手軽に仕事を受けて、サッサと書いて報酬を得るというただし、単価は非常に安い(ポイントは1ポイント=0.5円換算)ため、メインの稼ぎとしては厳しいと言わざるを得ません。仕事がないが稼ぎたい、という時に利用したいサービスといえます。

Shinobiライティングで案件を探す

「クラウドワークス」と「ランサーズ」をメインに、複数登録しておくとよし


クラウドソーシングサイトの利用方法としてオススメなのが、「メインで利用するサービスを一つに絞りつつ、他のサイトも登録はしておく」という手法です。特に、サグーライティングプラチナは高単価の案件も多く、副収入源としてもおすすめできます。

クラウドソーシングでは「慣れ」と「実績」が高単価案件獲得のカギですので、選んだサイトでより多くの案件をこなし、実績を積んでいきましょう。


近藤 フミヤ

金融/ガジェット/ゲーム/ライフスタイルライターを自称する、ゲーム脳の24歳です。要するに何でも書く男。アメリカ語が苦手なことに定評があります。 / 生涯ゲームを楽しむ姿勢を応援するblog『ゲーマーズ畑。』運営中▶http://yado.wp-x.jp